※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
自然栽培野菜をフレンチに
2001年のオープン以来、
リリアルの野菜と言えば、
築地買い出し&産地直送の有機無農薬野菜を併用してきたが、
ここに来て、
『ナチュラル・ハーモニー 下馬本店』さんのご協力の下、
専ら自然栽培野菜、
並びにそれに準ずるものへのシフト、
ほぼ完了〜☆

『ナチュラル・ハーモニー』と言えば、
その代表を務める河名秀郎氏は、
20年来、
自然栽培の発展・向上に貢献し、
ナチュラルなショップやレストランを経営する傍ら、
一般向けのセミナーや自然栽培農家の指導・育成etc。。。
と精力的に活動する、
名実共に自然栽培野菜の第一人者。

その事業展開も、
かなり起動に乗り始めたようで、
流通センターも設け、
それを通して飲食店等へ卸す外部業者もあるのだが。。。

そこは長年築地に通い、
産直野菜も扱って来た愚生のこと、
実際に目で見て&触れて&言葉を交わして素材を吟味させて頂きたく、
『下馬本店』にわがままを言って、
業務的なお付き合いさせて頂いている次第です。

つまり、
リリアルで取り扱っている自然栽培野菜&その他諸々は
『ナチュラル・ハーモニー 下馬本店』で、
カンタンに手に入るってワケです。

なぁ〜んだ!
ネタバレじゃん♪

。。。って大丈夫か???
目黒で歓送迎会:2006年版
☆リリアルの歓送迎会プラン☆

さて、
今年もやってまいりました、
就職・転職・人事異動の季節。。。

目黒・上大崎・白金台近辺で、
フレンチな歓送迎会をお考えの皆様、
お待ち兼ねの
『目黒で歓送迎会:2006年版』
をご覧になり、
何卒ご検討のほど、
よろしくお願い申し上げます。

◇◆◇店内最奥フロアでの<半個室的・小歓送迎会>◇◆◇
      ※18:00〜23:30
      歓送迎会2 
●このブログをご覧になりご予約いただいたお客様への特典●
スパークリング・ワイン(3,000円相当)を1本進呈(12名様以上は2本)、
又はグラス・ワイン(500円相当:赤or白)一杯サービス/おひとり様。
(※予約時に「ブログを見て。。。」と、お申し出願います)

●4,700円(税込:4,935円)コース
※7名様〜14名様迄※
※サービス料:5%&お飲み物代別※
(付き出し+前菜+スープ+メイン+甘味の小皿+デザート+コーヒー)

●6,500円(税込:6,825円)〜コース
※7名様〜14名様迄※
※サービス料:5%&お飲み物代別※
(シェフおまかせのフルコース料理:お客様のご要望も考慮させて頂きます)

◇◆◇全フロアご利用の<貸し切り歓送迎会>◇◆◇
      ※18:00〜23:00
      歓送迎会1
●このブログをご覧になりご予約いただいたお客様への特典●
スパークリング・ワイン(3,000円相当)を
6名様毎に1本(12名様〜2本:18名様〜3本)進呈、
又はグラス・ワイン(500円相当:赤or白)一杯サービス/おひとり様
(※予約時に「ブログを見て。。。」と、お申し出願います)

●6,500円(税込:6,825円)〜コース●
※20名様〜30名様迄※
ワイン等のお飲み物代込み、サービス料:5%別※
歓送迎会のタイプに応じてご相談の上、
お得なセット料金にて、
お飲み物も含めたコース設定をさせて頂きます


●7,800円(税込:8,190円)〜コース●
※15名様〜30名様迄※
ワイン等のお飲み物代込み、サービス料:5%別※
歓送迎会のタイプに応じてご相談の上、
お得なセット料金にて、
お飲み物も含めたコース設定をさせて頂きます


◇◆◇<貸し切り立食歓送迎会>◇◆◇

●4,700円(税込:4,935円)コース
※30名様〜50名様迄※
ワイン等のお飲み物込み:サービス:5%別※
ご会合のタイプに応じてご相談の上、
お得なセット料金にて、
お飲み物も含めたコース設定をさせて頂きます


●6,500円(税込:6,825円)〜コース●
※20名様〜50名様迄※
ワイン等のお飲み物代込み、サービス料:5%別※
ご会合のタイプに応じてご相談の上、
お得なセット料金にて、
お飲み物も含めたコース設定をさせて頂きます


●7,800円(税込:8,190円)〜コース●
※15名様〜50名様迄※
ワイン等のお飲み物代込み、サービス料:5%別※
ご会合のタイプに応じてご相談の上、
お得なセット料金にて、
お飲み物も含めたコース設定をさせて頂きます


お問い合わせ⇒03-6408-0433 liliale@cock.livedoor.com

フランス料理:ラ・フィーユ・リリアル(JR目黒から徒歩5分)
東京都品川区上大崎3−4−9−1F
荒川静香選手は“仙台っこ”なのだ!
荒川静香選手おめでとう〜☆

なんてったって、
今日はメデタイ!

連日に亘る、
仕事そっちのけ(←うそ)での応援も、
これで報われたってもんだ。

しかも荒川選手と言えば、
よわい僅か1年と4ヶ月にして、
鎌倉から我が故郷仙台に移り住み、
早稲田大学入学のその時までを
“杜の都”で過ごしたという、
自他ともに認めるシャキッシャキ♪の仙台っこ!

荒川選手の仙台へのせつせつなる思いは
仙台市公式サイト内の
『仙台は、私の心の拠点』
と題されたインタビュー記事の中に見ることができる。

加えて、
彼女の出身校と言えば、
我が父上さまの母校であり、
甲子園では名門と謳われる東北高校という
濃〜い☆繋がりぶりに、
誠に勝手ながら、
嬉しさもひとしお〜♪ってもんです。

でも、
ひょっとして、
もしかすると、
今日の深夜には“エキシビジョン”やるのか?

一体いつになったら熟睡させてくれるんだぁ(;´Д`A
銀ブラ。。。
このまま、
無意識に年老いて行くのもなんだから、
タマには

『銀ブラ』

でもしなきゃね☆

『コロッケ』
戸越のコロッケ”

『メンチカツ』、

そして、
『焼き鳥』

『モツ煮』

が銀座での醍醐味です。

???。。。

やだなぁ〜★

愚生が足を運ぶとこなんざぁ、
同じ“銀座”でも、

『戸越銀座』
戸越のコロッケ

に決ってんじゃないっすかぁ〜♪
ウサギ詰め物のロティ、ロニョナードなり
いくらボクでも、

「うさぎ追いし、かの山〜♪」



「ウサギ美味し、リリアル〜♪」

なんて、
チョ〜♪オヤジ的替え歌になんかしませんよ★

。。。て言うか、
兎を追いかけると同時に、
小鮒を釣ったり出来る
『ふるさと』
なんか、
いまどき存在するとも思えませんが。。。

と、
そんな心配をよそに、
トリノオリンピックに触発されて、
イタリア生まれのウサギなんかを詰め物にし、
ロティ(ロースト)にしてみました↓
クリックすると別窓で大きく表示されます

フランスの
『ラルース・ガストロノミック』
によれば、

現在では“受胎”のシンボルとして、
復活祭などで供されるウサギも、
15世紀までは
バカな小動物扱いで、
その引き起こす被害や、
猛烈な繁殖力により、
“災い”とみなされていたようです。

日本においてもウサギ君は、
『因幡の白ウサギ』

『ウサギと亀』
等で、
その波乱万丈な生き様を披露しておりますが、

最近では
『NOVAウサギ』
がブラウン管の人気者として
活躍しているようです。

。。。つ〜か、
ひょっとして、
「ブラウン管の人気者」
って“死語”?
「“液晶”や“プラズマ”、はたまた“テレビ”の人気者」
じゃあ味気なくない?
ハッピーバースデーは目黒のフレンチから
ボクはフランスから帰国(1995年11月末)して以来
ずっと目黒に住んでいる。

だから目黒が好き♪

そして目黒に住んでる人や働いてる人も。。。

目黒には学校もあるから、
学んでる人もいるよね☆

昔は競馬場だってあったんだ!

そして今、
目黒でハッピーなバースデーと言えば
リリアルだよねぇ〜♪
クリックすると別窓で大きく表示されます
※↑リリアルのバースデーケーキ

。。。ってホント?

※注:
 リリアルの住所は“品川区上大崎”ですが、
 目黒駅から徒歩3分です。
 目黒のフレンチってことでひとつ。。。
サバは浮かない満月の夜
今週は久々に“寒サバ”でも白ワインビネガーで〆て、
キンキン♪に冷したシャンパンで一杯やっかぁー!

ってなことを企みながら、
築地市場へ向かったのだが、
そんな考えは
オリンピックのメダル獲得予想のごとく甘かった。。。

そう、
世間がバレンタインデーやオリンピックにうつつを抜かしている頃、
築地市場ではサバの値が高騰していたのだ。

これは困った。。。
でもなぜ???

その答えは“満月”にあった。

サバ漁は専ら、
まき網、棒受網、たもすくい等の、
集魚灯で海面近くまでおびき寄せる漁法が用いられるのだが、
満月前後の数日間は
海面が月明かりで照らされ、
集魚灯がその役目をなさないというのだ。

そして、
今月は13日が満月であった。。。

では、
集魚灯にはこぞって集まるクセに、
満月の明かりに魅せられて、
海面に浮いて来ることはないのか?サバ達よ!
それとも、
月明りで狼に変身〜☆してしまう、
とでも言うのか?

。。。って、
サバの顔って狼に似てません?

魔物・憑き物にご用心!
さて、

オリンピックという魔物にすっかり憑依され、
めっきり寝不足気味で
機嫌が悪く(←メダルの有無とは無関係)、
スタッフへのヤツ当たりで憂さを晴らす、
トンでもシェフな今日この頃ですが、

この『Seesaaブログ』も
魔物に憑かれてしまったようで、
先日来、
サーバのメンテナンスとかなんとかで、
断続的に接続不可能な状態となっております。

ご観覧、並びに
なにげなクリックでご訪問の皆様方には
ご迷惑をお掛けしております。
『ベテラン』ねぇ。。。
今回のオリンピックは
若手よりも“ベテラン”がどうのこうの。。。

と、
やたら
『ベテラン』
という言葉が使われているように思えます。

そもそも、
知名度や人脈を笠に着た、
老獪なジ●さん方を思い起こしてしまうので、
『ベテラン』って言葉自体、
あまり好きじゃありませんが、

岡崎朋美選手みたいに、
どんな境遇に遭っても努力を惜しまず、
常に少年少女のような気持ちで突き進む『ベテラン』なら、
大歓迎〜♪です☆

今回のオリンピック選手を見ていると、
決して『ベテラン』が
何時までも我が物顔でのさばってるから
若手が伸びないってワケなんかじゃなく、

むしろ、
ヤングなフィーリング&エナジーを兼ね備えているのは
『ベテラン』と呼ばれる人達であって、
陰湿なまでにジジ・ババ臭いのは
どちらかと言えば、
若手連中の方のような気がします。

だから、
『ベテラン』
は何時まで経っても、
老けるワケにはいかないのだね。
果たして“ニッポン”が頑張っているのか?
愚生、
及ばずながら、
多少の愛国心のようなものは
持ち合わせているつもりでありますが、
なんか、
今回のオリンピック、
成績云々は抜きにしても、
いまひとつナショナリズムの発露に欠け過ぎちゃあいませんか?

少なくとも、
オリンピックだってのに、
モチベーションUp〜☆に繋がらないなぁ〜★

とは言え、
今夜の“朋美スマイル”
&高橋大輔は

“日本人として”

応援させていただきます。
やっぱりバレンタインデーなんか。。。
思い起こせば、
去年も大人気なく
バレンタインデー
の記事にしてしまっていたが、

ボクはバレンタインデーなんか嫌いだ!

去年の繰り返しになるが。。。

幼少の頃から現在に至るまで、
“本命チョコ”
で打ち明けられた経験なんか全くないバレンタイン・デーが嫌いだ。

学校の机や下駄箱、
はたまた家の郵便受の中まで、
ある筈もないチョコレートを探しまくったバレンタイン・デーが嫌いだ。

フランス時代。
彼女へのプレゼントを買うという友人(←イケメンのフランス人)に
イタリアまで付き合わされ、
真顔で他人の彼女のネックレスを見立てていたバレンタイン・デーが嫌いだ。

今年あえて付け加えれば、
この時期、
大好きなショコラティエの
“お目当てショコラ”をゲットするためには、
キャピキャピ!でラブラブ〜☆な女の子と、
不毛なバトルを繰り広げることとなる。。。

バレンタインデーなんか、

大嫌いだぁ〜★
福千歳の酒粕で福を呼べ
バレンタインデーも近いし、
ひょっとしてラブを込めたチョコレートかぁ!?

なんて話、
ボクに限ってあるわけないじゃんねぇ★

それにしても
『酒粕』
ですよ!
よりによって。。。

せめて、
ショコラでコーティングなんかされてたら、
もう舞い上がっちゃって、
明日は半額セール〜☆
なんてことになってたかも知れないのに、
残念でした。

で、
くだんの『酒粕』ですが、
どうやらタダモノではないらしい。
クリックすると別窓で大きく表示されます
なにしろキャッチコピーによれば、
大胆にも

福を呼ぶ酒粕

とある。

きっと、
『福千歳』だけに、
福が千年続く。。。
という尾鰭も付くのだろう。

何をかくそう、
ボクは
一個食べれば
「7年寿命が延びる」
と言う
『箱根大涌谷の温泉卵』
を今まで少なくとも20個は食べている。

これで、
福が千年続き、
寿命も7×20=140年延びるってワケだ(ウシシ。。。)

検索してみたところ、
『福千歳』の蔵元、
福井の『田嶋酒造株式会社』には
素晴らしい公式サイトがあった。

こだわりの“山廃仕込み”で、
正直なお酒造りを守り抜いているようす☆

それじゃあ気を取り直して、
さっそく試食開始〜♪

先ずは『酒粕のムース』↓
クリックすると別窓で大きく表示されます

そして『粕汁の煮込みうどん』↓
クリックすると別窓で大きく表示されます

なんか冗談抜きで、
身体にじわじわぁ〜♪と福がしみ込んだ、
って感じ解ります?
自戒
今日は
ぼちぼちと、
リリアルの公式サイトをマイナーチェンジ。
。。。とは言え、
時間が掛かり過ぎて中途挫折〜★

久々にhtmlなんぞをいじくってみると、
ブログの“手軽さ”が身に染みて感じられます。

決して“お手軽”とは言えない、
『フランス料理』を楽しもうと
支持して頂いているお客様のためにも
自ら苦労を買って出るぐらいじゃないとダメだね★

無農薬な生姜のはなし
目下、

「殆どの取り扱い農産物を“自然栽培”に!」

「最低でも“完全無農薬”は維持しよー!!」

をキャッチフレーズに、
シフト真っ最中〜☆のリリアルですが、

当然ながら、
タマにしか使わない生姜↓だって、
クリックすると別窓で大きく表示されます
“無農薬”&“無化学肥料”↓なんです。
クリックすると別窓で大きく表示されます

最近巷に出回っている
“中国産根生姜”
との違いは、
“タタキ”や“お刺身”用に、
卸して比べてみれば一目瞭然!

中国産のものは、
市販されている
“チューブ入り卸ししょうが”
と同じように、
一種化学的で樟脳にも似た、
気になる香りがしますが、
国産の無農薬モノは、
中国産に比べて、
水分が少なく、
繊維が柔らかくて卸し易く、
香り豊かで、
辛味はまろやかぁ。。。

という
チョ〜♪天然的スグレモノです。

これをコンフィ(砂糖漬け)にしてデザートに。。。
赤ワインで煮て南仏風なスパイシー・ソースに。。。

と、
アイディアも膨らむ〜☆
ってもんです。

しかも、
どっちが身体に良いかって?
それは言わずもがなですね☆

即ち、
愚生のような腕の無い料理人は、
素材のポテンシャルに頼らざるを得ない、
ってワケであります(^^ゞ
ソリアーノでストウブのホロホロ鳥
深夜になると徘徊する、
夜光虫な愚生にとって、
地元目黒でのお気に入り〜☆
と言えば、
和食は“魚々彩菜(ととさいさい)たけ美”、
イタリアンなら“ソリアーノ”、
といったところ。。。

昨夜はソリアーノで、
ストウブの鋳鉄鍋でたっぷり野菜と調理した、
岩手産のホロホロ鳥↓を満喫〜☆
クリックすると別窓で大きく表示されます

この店の特筆すべきは、
なんと言っても
『火加減&味付け&野菜の豊富さ』
かな。。。

なんか最近常連ぶって、
遅い時間に参上するけど、
ゴメンネ〜♪
シェフ&マダム☆

※イタリアンレストラン ソリアーノ
  住所:東京都目黒区下目黒2-21-28 2F
  TEL:03-3493-1083
両頭倶に截断して一剣天に倚って寒じ
楠正成公は、
万に一つも勝ち目の無い“湊川の合戦”に臨む直前、
医王山広厳寺を訪れ、
明極楚俊(みんきそしゅん)禅師と問答を交わしたお陰で、
迷いを払拭し、
戦に挑むことができたという。

その禅師の一言こそ、

「両頭倶(とも)に截断(せつだん)して一剣天に倚(よ)って寒(すさま)じ」

であり、
今の世に“禅語”として、
語り継がれている。

これについては様々な解釈が為されているが、
極私的に解釈すれば、

「生だの死だのとウダウダ言わないで突き進んで行けば、
 それが天に従うこととなり、
 それこそが最も凄く、
 素晴らしいことなんだよ。」

ということではなかろうか?

少なくとも、
楠正成公のメッセージは
時代を超越して、
我々の胸まで届いている。

要は、
生と死、
幸と不幸、
成功と失敗、
贅沢と貧困。。。

その他諸々。。。
の悩みは禁物。

『一剣天に倚って寒じ』

を是非とも体感してみたいものである。
遺憾の念
ゲーテは
「人間は自然から遠ざかるほど、病気が近づいてくる。」
と言ったらしいが、
この言葉を受けて、
「じゃあ、自然に還ろ〜☆」
と間髪を容れず自然回帰運動を推進できるほど、
今の東京の街は甘くない。

現代社会に於いては、
むしろ逆に捉えるべきであろう。

即ち、
「病を遠ざけるには、人間は自然に近づくべきである。」
ということだ。

病気になって初めて、
健康の有り難味を知り、
自然に返る。

それは取りも直さず、
混沌とした現在の飲食業界にあってこそ、
知識や技術に囚われず、
お客様方の健康を思えば、
その基である素材や調理法を見直そう、
ということに他ならない。

その風潮は、
少なからず流布され始めてはいるものの、
まだまだ利潤追求型的思想の根は深く、
遺憾の念を覚える次第です。

目黒不動尊:節分会の巻
目黒区民

住所は品川区上大崎とは言え、
目黒駅近くに店を構える者として、
『節分』
と言えば、
目黒不動尊の節分会を外すワケにはいきません。

で、
早速行って参りました。

おぉぉぉ!
大仰に櫓なんか組んじゃってますね。
クリックすると別窓で大きく表示されます
ふむふむ。。。
ここからお坊さんが登場し、
豆を撒くんだな。。。

と思いきや、
現れ出でたるは、
美女四人組(&フツーのオッサン数人)!
クリックすると別窓で大きく表示されます

こんな美女に豆を撒かれたとあっちゃあ、
きょうびの鬼さん達は名残惜しくて、
さぞや逃げ惜しいことでしょうなぁ。。。

いやいや、
鬼さん達も負けじと、
こんな様相↓で現れたら。。。
うる星やつら TVテーマソング ベスト

(((((鬼はぁ〜、外っ★)))))
ってな声にも力が入らないかも知れません(^^ゞ

※目黒不動尊瀧泉寺
  住所:東京都目黒区下目黒3-20-26
  URL:http://park6.wakwak.com/~megurofudou/
シェフのこっそり晩餉:浜名湖特産青のり編
うしし。。。

今朝は築地で珍しいもの発見〜☆
クリックすると別窓で大きく表示されます
↑浜名湖特産のとれっとれ♪な“青のり”なり〜☆

そう、
スローフード的思想も柔軟に取り入れるリリアルでは
『青のり』
でさえ、
大事な“素材”となるのです。

ベーニェ(フリット)の生地に混ぜようか?
魚料理のソースにも加えてみようか?
スープの香り付けとしても使えるかな?

。。。とアイデアはとめどなくあふれ出るのでありますが、
こんな雨上がりで寒々しい夜には、
やっぱ、
身も心もあったまる味噌汁↓でしょ♪
クリックすると別窓で大きく表示されます

なになに。。。

「水洗いし、フキンでしぼって御使用してください。」???

・・・・・(・_・;

自然なもんだと思って、
洗わないで味噌汁に入れて
もう食っちゃったよ〜★(;´Д`A
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。