※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
変なニンジン
なんか変だぞ!
このニンジン↓!?
画像をクリックすると別窓で大きく表示されます

よくよく見れば、
デュアルマフラーでもあるまいし葉っぱが。。。
画像をクリックすると別窓で大きく表示されます

自然栽培とか無農薬とか言ったって、
フツーは勿論こんなカンジ↓なんですが。。。
画像をクリックすると別窓で大きく表示されます

それはそうと、
一本の人参から二本の芽が出たのか、
二本の芽がくっ付いて一本の人参へと合体したのか、
合体したのなら何故二倍の大きさにならないのか。。。

考え始めたら眠れなくなりそうなんで、
今日はこの辺で。。。
スキンヘッドに憧れてはみたが。。。
「目は口ほどに物を言う」

とは申しますが、

人間髪型ひとつでも、
人に与える印象って、
極端に変わりますよね。

。。。って、
何を言いたいのかと申しますと、

五分刈り・三分刈り・スポーツ刈り・パンチパーマにアフロヘアー、
はたまたポニーテールにキンパツ(チャパツ?)と、
あらゆる髪型にチャレンジして来たつもりの愚生にとって、
“禁断の木の実”とも言える髪型は
『スキンヘッド』をおいて他にはな〜い♪
わけです。

。。。でも、
“スキンヘッド”って手入れが大変そ〜★
と思い、
『スキンヘッド 手入れ』
で検索してみたら、
やはり毎日ジョリジョリ〜♪っと、
剃らなくちゃいけないんだな。。。

って、
ヒゲすらもマトモに剃れず、
無精ヒゲを蓄えるボクが
毎日欠かさず頭を剃るなんて無理じゃん★

。。。と、
あえなく挫折。。。

まぁ、
リリアルのカウンター越しに、
ツルッツル頭のオジさんって図もなんだか
不気味ってわけで。。。
ホンネと社交辞令
「近い内にまた伺いますねー☆」

「はい♪心よりお待ち申し上げますぅ〜☆」

なんて、

「今度一緒に食事にでも行きましょー☆」

「是非〜♪」

てな具合に愛想を振り撒いておきながら、
実行されることのない“社交辞令”みたいなもんさぁ。。。

と思いきや。。。

間髪を容れず、
立て続けにご来店頂いたりすると、
うれしいもんですよねー☆

社交辞令がホンネに変わる瞬間である。

って言うか、
我々は常に心のこもった本音で
お客様に接しなければダメだな。

そうそう、
かく言うボクも同業者に会う度に、

「今度食べに行きますねー♪」

と愛想よく挨拶しておきながら、
実際に行ったためしの方が圧倒的に少ない。。。

だから友達いないんだなー★
ビストロ パラザが閉店?
酒井一之シェフと言えば、
在仏期間は13年にも及び、
かつてはメリディアン・パリのスー・シェフまで務めたという
日本のフランス料理界きっての重鎮のひとりだが、

その酒井シェフが今まで腕を揮って来た
千代田区永田町の『ビストロ パラザ』
この5月末日をもって閉店と相成ったもよう。。。

若かりし頃お世話になり、
公式サイトからリンクまでしてもらっている愚生としては、
残念至極〜★

と思っていたら、
この夏にフランスで長期バカンスを取り、
その後、
再度違う場所で復活開店予定とのこと。

なぁ〜んだ!
心配したじゃないっすかぁ。。。

復帰後、
また“クスクス”食べに伺わせていただきま〜っす♪
長い間お疲れさまでございました。
舌平目:久々のグラン・クラシック
いや〜。。。
きょうは朝から暑かった。

暑くなると“ヒカリモノ”が恋しくなり、
それなりの期待感に胸をふくらませ、
築地魚河岸へ向かったのだがぁ。。。

めぼしいモノは見当たらず、
ブツブツ不平を洩らしていたら、
親父さんが賄いように取っておいたという
“舌平目”をゆずってもらった〜☆

いや〜♪
久し振りだなぁ、
舌平目なんて。

昔は、
“舌平目のムニエル”こそ、
“フランス料理の真髄”とまで思われていたほど、
ポピュラーな素材となってしまいましたが、
クラシックを嫌う現代の料理人には
見向きもされなくなってしまいましたねぇ〜★

とかなんとか言っても
旨いモンは旨い!

早速五枚に卸して保存↓。
画像をクリックすると別窓で大きく表示されます

“グージョネット”にしようか、
“ボンファム”にしようか、
ちょっとリッチに“カーディナル風”もいいなぁ。。。

と、
タマにはフランス料理だってやるんですよ〜☆

“逃げ”の流行
料理の素晴らしさもさることながら、
その厳しさで知られる
青山のTシェフの店では
昔からトンズラして辞めていく料理人が絶えず、
その遺品である包丁が溜まりに溜まって
処分に困り、
お寺に納めて供養してもらったという話だ。

まあ、
包丁を持ち帰ることなど
考えも及ばぬほど真剣に悩み、
張り詰めた糸がぷつりと切れると同時に
突発的衝動で逃げ出してしまうという行動は、
ある意味純粋なるがゆえ。。。
なのかも知れない。

ところが最近はどうだ。
包丁や小物に至るまで、
同僚にも気付かれぬよう
用意周到に事前に隠して持ち帰るばかりか、
携帯電話の番号&アドレスまで、
速攻で変更するという念の入れよう。
いわゆる“確信犯”ってやつだ。

いやはや、
勘違いにもほどがある。

“礼を欠いた行動”

それに払わせられるツケは大きい。

若者たちよ!
仕事なんか出来なくたっていい、
礼を尽くせ!!
そんな君たちを我々は喜んで迎えるだろう。
カスタマイズも楽じゃない。。。
最近また不安定で、
どうしたんだ?Seesaaブログ、
と思っていたら、
いつの間にか
新規機能の追加&強化
が為されていたんですね。

今回行なわれた新機能は
●RSS2.0のiTunes用タグ設定
●「Blogtimes」コンテンツ
●言及リンクによるトラックバックスパム対策の強化
●「カレンダー」コンテンツに前月、当月、次月へのリンクを追加
●「カテゴリ」「過去ログ」ページにページング機能を追加
●一回あたりのトラックバック送信数を5件に制限
の計六つ。。。

どれも画期的新機能として
ユーザーとしては嬉しい限りなんだが、
このブログようにHTML編集、
いわゆるカスタマイズされたものは
わ・ざ・わ・ざデフォルト設定に戻してから
編集し直さなければならず、
また眠れぬ夜を迎えることになり(以下略。。。

。。。って、
このブログのどこに
その新機能が隠されているか、
目ざとく気が付くひとはいないだろうなぁ。。。
久々のスープ・ド・ポワソン
本日築地魚河岸で、
行きつけの仲買さんに顔を出したら、
親父さんがまな板の前で何かしている。

近づいてよく見れば、
メゴチを卸しているのだ。

ははん♪
今夜のオカズはメゴチのてんぷらってわけね〜☆

(それにしても、
 こんな卸し方じゃあ、
 落とした頭にたっぷりの身&卵巣が残っていて、
 もったいないなぁ〜★)

とはさすがに言えず。。。

ボク:「この頭と骨捨てちゃうんすか?」

親父さん:「うん、そうだよ!今日はから揚げにするんだ☆」

ボ:(なんだ、てんぷらの方が旨いのに)「もらってイイっすか?」

親:「いいけど、どうすんの?こんなもんで。。。」

ボ:「香味野菜とぐつぐつ煮込んで、魚のスープにするんっすよ☆」

親:「へぇ〜。。。リリアルさんと話すると勉強になるなぁ〜。」

ボ:(イヤミかよ★)
「いやぁ、ボクのほうこそココに来ると、
  何時も色んなものサービスして頂いてカンゲキですぅ〜☆」

。。。ってなワケで、
早速スープ・ド・ポワソンの仕込み開始〜☆
画像をクリックすると別窓で大きく表示されます

。。。って言うか、
コレだけあるんじゃあ、
卸し残した身で
てんぷらにして食ったほうがよかったかなぁ。。。
蕗/フキのはなし
今日は久々に自然栽培の“フキ”↓をゲットしてきた。
画像をクリックすると別窓で大きく表示されます
柄の部分が赤いので“赤フキ”ってヤツでしょう。

自然栽培ってったって、
数こそ少ないものの、
野山に自生している山菜的フキも“自然栽培”なわけで。。。

とココまで書いて気が付いた★
野山のヤツは自生してるんだから“栽培”じゃないんだな。

気を取り直して話を変えてみよ〜☆

『蕗』という字は“草かんむり”+“路(みち)”と書く。
ということは昔はアーケードのように
フキの葉っぱに覆われた路があったのだろうか?

コロボックルじゃあるまいし、
まさか。。。

そうそう、
“まさか”な話で思い出したが、
“フキの葉”について、
国語辞典の編纂で有名な金田一春彦氏が
『ことばの歳時記』(新潮社)の中で、
爆弾発言的語源説を残している。

なんでもその春彦氏、
対馬を訪れた折、
ある富豪の屋敷で世話になり、
厠を借りてビックリ仰天〜☆
目の前にはうず高く積み上げられた“フキの葉”、
下には使用済みの“それ”が捨てられていたらしい。。。

で、
自ら試してみるや否や、
語源説がひらめいた。。。

って。。。

しまった★
“食材”の話をするはずが。。。
“カツオのカルパッチョ仕立て”などなど
今年の銚子港のカツオはうまい〜♪

って旨いのはいいんだが、
値の方がちょっと張りすぎー★

築地魚河岸で見る限りでは
数はそこそこ出回ってるので、
不漁ってわけじゃなさそうだし、
燃料の重油の値上げが響いてるのかも?

その点、
我が愛車の250ccスクーターは
街乗りでも20km/l近くは走ってくれるので、
ちょっとやそっとのガソリン代の高騰なんか
ものともしません〜☆

って、
そんな話はどうでもよく、
そのトレットレ〜☆な銚子港のプリップリ♪鰹を
最近のリリアルでは、
“タタキ風サラダ仕立て”にしたり、
“ガスパチョ仕立て”にしたり、
“カルパッチョ仕立て”↓にしたり、
画像をクリックすると別窓で大きく表示されます
と大活躍〜☆

ちなみに↑の“カルパッチョ仕立て”は
ソースに入った
ミョウガ、赤パプリカ&自然栽培キュウリの歯ごたえや、
フレッシュハーブ&ケッパーetc。。。
の香りがアクセントとなり、
爽やかな逸品。。。じゃなかった、
一品となっておりますです。

それにしても、

“タタキ風”?
“ガスパチョ仕立て”?
“カルパッチョ仕立て”?
。。。オタクなに屋さん?

なんて声がまた飛んできそうだが、
南仏暮らしの長い愚生に免じて、
“地中海つながり”ってことでひとつ。。。

。。。って、
いかん★“タタキ”は地中海になかった。。。

まあ、

「コート・ダジュールって熱海っぽくない?」

などどのたまう輩に比べればなんのなんの。。。
超土壇場的母の日サービス
昨夜から今朝にかけて、
ウチの隣りのお花屋さんが閉めずに営業してたんで、
どうしたんかなぁ。。。
と思ったら、
明日(14日)は“母の日”だったからなんですね〜☆

って言うか、
すっかり忘れてたよー★

去年は
『リリアルの母の日サービス』
までやってたのに、
失礼いたしました。。。

今更ながらではありますが、
明日の日曜日(14日)、
“お母様”のいらっしゃるテーブルには、
何らかのサービスをコソ〜っとさせていただいますので、
この親不孝なワタクシメをお許しください。。。
ホロホロチョウだってば!
ほろほろ鳥って、

フランスでは『Pintade(パンタード)』、
その若鳥は『Pintadeau(パンタドー)』、
と呼び名は決まっているが、

日本では
百科事典などを見ても、
『和名=“ホロホロチョウ”』
となっているにも関わらず、
皆さん「ホロホロドリ」とお呼びになる。

なんでか???

思うに、
『愛染かつら』主題歌、
『旅の夜風』の歌詞、
花〜も〜嵐も〜♪
踏〜み越〜え〜て〜♪
行くが〜オ〜ト〜コの♪
生き〜る〜道〜♪
泣〜い〜て〜くれ〜る〜な♪
ほろほろ〜鳥(ドリ)よ〜♪
月の〜比叡(ひ〜え〜い)を♪
ひ〜と〜り〜行〜く♪

の呪文に憑かれているのだろう。。。

って、
いつの歌だよコレ。。。
くちびるに歌を持て
フランスで働いていた頃、
鼻歌をうたいながら仕事するヤツがおって、
ふざけた料理人やなぁ。。。★
と軽蔑の眼差しを向けていたのも今は昔。。。

時は流れ、
リリアルの朝はボク自身が
iTunesで編集したフレンチ&イタリアン・ポップスで始まり、
ガンガン♪に鳴らしながら、
鼻歌までうたっちゃうんだから、
人間変わればかわるってもんだ。

お陰で、
ご近所さんから苦情がきたり、
営業中まで音量を絞りきれず、
お客様からボリュームダウンを頼まれたり(以下略。。。

とは言え、
リリアルのBGMの話題で、
会話に花を咲かせているテーブルも時折あるぐらいだから、
為になる時だってあるのサ〜☆

ドイツの詩人、
ツェーザル・フライシュレンだって、
こう言っているではないか。。。
心に太陽を持て。
あらしが ふこうと、
ふぶきが こようと、
天には黒くも、
地には争いが絶えなかろうと、
いつも、心に太陽を持て。

唇に歌を持て、
軽く、ほがらかに。
自分のつとめ、
自分のくらしに、
よしや苦労が絶えなかろうと、
いつも、くちびるに歌を持て。

苦しんでいる人、
なやんでいる人には、
こう、はげましてやろう。
「勇気を失うな。
くちびるに歌を持て。
心に太陽を持て。」

-訳:山本有三-
スジエビ=川海老ってのはご存知か?
あ"〜★
今夜のこの天気だと明朝の築地は雨。。。(ちょ〜鬱)

なんて言ってられるか!
いくら“水商売”とは言え、
気分までお天気に左右されてもいられないのだ〜☆

。。。と気を取り直し、
築地魚河岸では、
ココのところ“生”の桜エビよりも手に入り易い、
“川えび”の話でも。。。

と言っても、
“川えび”と言えば、
関西でもっぱら“手長えび”のことだが、
築地魚河岸では“スジエビ”のことを言う。

で、
最近リリアルで大活躍中のスジエビ(川えび)は
この北海道は石狩川で育ったヤツら↓
画像をクリックすると別窓で大きく表示されます

これをどうするかって言うと、
それは“零細フレンチ”のリリアルが
3〜5kgぐらいまとめ買いするんだから、
以前“桜エビ”の記事で言ったように、
“ペペロンチーノ仕立て”で保存。

では今日はその仕込み方を少々。。。

●鍋にたっぷりのオリーブ油&鷹の爪&ニンニク(薄切り)を入れ、
 火にかける。
画像をクリックすると別窓で大きく表示されます

●ニンニクがキツネ色になってきたら
 ローズマリーを投げ入れ(ココがリリアル風)、
画像をクリックすると別窓で大きく表示されます

●エビを一気に入れて、
 強火で火を通し、
画像をクリックすると別窓で大きく表示されます

冷まして密封保存しておけば、
2週間は優に持ち、
冷凍すれば(以下略。。。

オリーブ油でカリッカリ〜♪に炒め直して、
オードヴルに良し、
ガスパチョ等のスープに良し、
お魚のソース&付け合せにに良し、
パスタに良し、
お好み焼き(ほんとか?)に良し。。。

の万能選手と化し、
重宝するってワケです。

そうそう。。。

言っときますけどこの“スジエビ”、
“手長エビ”ほどはしませんが、
“桜エビ”よりは値が張りますので、
あしからず。。。
サイバーオタクのひとりごと
さて。。。

ブログをコレだけ無沙汰にすると、
そろそろ心配しているひとや、
寂しい思いをしてらっしゃる方々もいたりして。。。

なんてのは、
戯けたブロガーの買いかぶりで、
誰もそれほど気にしてないし、
思い入れもないのは
知っていますよー★

って言うか、
今回、
ブログの更新そっちのけで、
チョ〜♪オタク的にはまってしまったのは、
ひょんなことから、
パソコンから流れる音ならなんでもカンタン録音&編集〜☆という
『超驚録』
なるスグレモノソフトを知ってしまったのが始まりで、
これでフランスのオンラインラジオ等に繋げば、
日本では手に入れることが出来ない、
チョ〜♪レアなシャンソン&フレンチポップスなども
らくらくゲット出来たりするのかぁ?(ウシシ。。。)
とばかりにほくそ笑んでいた辺りまではよかった。。。

。。。のだが。。。

ホンにパソコンとは恐ろしや。。。

あれよあれよという間に、
ココでは書けないほどオタクってしまうことに。。。
(もともとオタクじゃん★ってのは言いっこなし)

ってことで、
そろそろまたボチボチと更新して行きますので
ヨロシクです。
あんみつか杏仁豆腐か???
“あんみつ”始めました〜♪↓

画像をクリックすると別窓で大きく表示されます

。。。ってのはウソ。。。

実は
天然寒天↓
画像をクリックすると別窓で大きく表示されます



サトウキビ一番搾りのシロップ↓
で仕上げたサッパリ〜☆系のデザートでっす♪
画像をクリックすると別窓で大きく表示されます

詳しくはご来店のうえ〜。。。。。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。