※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
イチジク2009
ココだけの話、
ボクは子供の頃イチジクが大嫌いでした。

と言うのも、
家にイチジクの木があって、
実が成ると婆ちゃんが全部一斉に甘露煮にしてしまい、
その甘露煮といったらコテッコテに煮詰めるもんだから、
子供の頃のボクにとって甘すぎるのなんの。。。あせあせ(飛び散る汗)

婆ちゃんのお茶うけにはちょうど良かったんだろうけど、
まだワインも飲めない頃のボクにはちょっとキツかったよ〜★

でも、あの頃と同じコテッコテの甘露煮を
ロックフォールなんかと一緒に頬張りながら、
コート・デュ・ローヌの赤でも開ければ最高だろうね!婆ちゃん♪
figue2009.jpg
注:↑はリリアルのイチジクの赤ワイン煮で、“婆ちゃんの甘露煮”ではありません猫
自然栽培野菜の蒸し焼き
繊細で華美なフレンチもいいですが、
ワイルドでパンチの効いたフレンチも悪くないですよね♪
legumes2009.jpg
>>>続きを読む
ヌガティーヌ
今でこそ、
コンビニやスーパーなどに行って菓子コーナーを見ると、
無数のチョコレート菓子が所狭しと陳列してあって、
手にした時の感動はそれほどでもありませんが、

ボクがガキの頃と言えば、
家の台所に備え付けの、お菓子専用の缶缶の中に、
明治製菓の『アーモンドチョコレート』を見つけた時には
至福の悦びを感じましたね♪

不思議と『グリコ』ではダメなんですよ★『明治製菓』のでないと。。。
それに、『ミックスナッツ』に入っているアーモンドはイマイチで、
むしろカシュナッツやへーゼルナッツの方が輝いて見えましたが、
明治製菓の『アーモンドチョコレート』のアーモンドは別格で、
風格さえ漂って見えましたね。

。。。と話は横道にそれる一方ですが。。。
nougatine.jpg
>>>続きを読む
さくらんぼ♪
今日はぶったまげたぁ〜!
。。。のはコレ↓
cerrise2009.jpg
>>>続きを読む
鳥羽サバ
バカをやってしまった。。。

tobasaba.jpg

ボク:「おっ!旨そうなサバだね!! 何処のヤツ?」
社長:「鳥羽だよ!」

ボ:「鳥羽って、どこ???」
社:「・・・・・」

ボ:「あ"っ!あの“鳥羽・伏見の戦い”の鳥羽?」
社:「・・・・・」

社:「三重県の鳥羽だってば。。。伊・勢・湾の!!」
ボ:「ん???“鳥羽・伏見の戦い”の鳥羽は京都だったか。。。あせあせ(飛び散る汗)

ボ:「でも、伊勢湾だったら伊勢神宮のご利益があるかもね♪」
社:「・・・・・」

>>>続きを読む
奄美産 海ぶどう
今朝の築地魚河岸では
最近お気に入りのスッピンのお姉さんのところで、
奄美産『海ぶどう』をゲット♪
umibudou2009.jpg
小さくてカワイイ発泡スチロール箱に入っていて、
『皆既日食 in 奄美 期間限定記念ラベル』に引かれた(笑)

>>>続きを読む
ROOKIES(ルーキーズ)〜愛のテーマ〜
なにを隠そう。。。

リリアルでは最近、
モーツァルトその他のクラシック音楽に混じって、
羽毛田丈史氏による名曲『ルーキーズ:愛のテーマ』が流れている。
プレゼンツ III

>>>続きを読む
なすグラ
南仏のビストロに行くと、
店によってはメイン料理とともに、
ワゴンサービスで、
ニョッキ、パプリカマリネ、ラタトゥイユetc。。。が運ばれてきたりする。

そして、
それらの中からお好みのモノを食べたいだけよそってくれたりする。
つまりガルニチュール(付け合せ)食べ放題ってことだ。

さすがにリリアルではココまではできませんが、

ガルニチュール(付け合せ)は
メイン料理と一緒に盛り付けなければならない。

ということもないと思う。
gratin2009.jpg
>>>続きを読む
甘エビ
ホントは買う気なかったんだけど、
いつもスッピンの笑顔が可愛い仲買のお姉さんにほだされて、
『甘エビ』なんぞ仕入れて来ました。
amaebi2009.jpg
>>>続きを読む
バジリコ
別にフランス生活の長さを自慢する気などサラサラないのですが、
『バ・ジ・リ・コ』という呼び名には未だに抵抗を感じてしまいます。

コレ、イタリア語なんですよね。
フランス語では『バズィリック:Basilic』というのですが、
どうしてもトマトと相性が良く、
ピッツァやパスタ料理を連想させるハーブなもんですから、
イタリア語の『バジリコ』が日本では定着してしまったのでしょう。

フランス料理に携わる者としては
ちょっとだけコンプレックス。
basilic2009.jpg
>>>続きを読む
ル・カーナヴァル
昨日は久しぶりに
ル・カーナヴァル』で“うに大根”食って来ました!
unidaikon.jpg
>>>続きを読む
週末(土・日・祝日)ランチコース変更
週末(土・日・祝日)のランチタイムも
よりリーズナブルにリリアルをご利用いただきたく、
この度、
若干の変更を加えることにしました。

>>>続きを読む
オレンジ&ジンジャーのスフレ
個人的に『スフレ』は大好きなデザートのひとつなんですが、
リリアルでは、めったに登場しませんねあせあせ(飛び散る汗)

soufletorange.jpg

>>>続きを読む
田神さんの自然栽培茄子入荷!
早いもので、
今年も自然栽培でのナスが登場する時期になりました。

aubergine2009.jpg

田神さんのカブが日本一のカブなら、
田神さんのナスは日本一のナスとボクは思っています。

去年は豚足ゼリーで固めて『茄子のテリーヌ』にしたんですが、
今年はどのように料理しようかな?。。。

>>>続きを読む
バニラ違い。。。
今日は『バニラビーンズ』について書こうと思っていたら、

(そう言えば、山崎バニラとかいう活弁士がおったなぁ。。。)

と思い出し、
検索してたらハマってしまった。。。たらーっ(汗)

『山崎バニラ - Wikipedia』によれば
なんと!仙台生まれだったんですね。奇遇だなぁ〜♪

。。。と言っても、
『山アバニラ公式サイト』を見てみると、
“出身地 東京”となっているので、
生まれて間もなく東京に越して来たのかな?

まぁ、そんなことはどうでも良いことなんですが、
やはり“仙台生まれ”って聞いただけで、
勝手に親近感が沸いてきちゃいますね♪

『活弁士(活動写真弁士)』という極めてレトロな仕事に
大正琴の弾き語りという独自のスタイルで挑む。
っていうのも、なんかカッコイイっすね♪

ボクは。。。と申しますと、
“クラシック”で“レトロ”なフランス料理に
日本独自の素材で果敢に挑む!!
って、いまひとつ挑みきれてないし。。。あせあせ(飛び散る汗)

頑張りますパンチ

ん???
『バニラビーンズ』の話はどこに行ってしまったんだか。。。モバQ


ヤングコーン2009
もうスーパーなどでは『とうもろこし』が売られてるもんですから、
ちょっとだけ焦ったんですが、
『ヤングコーン』が入荷しました。

maisjuene.jpg

>>>続きを読む
アーティチョーク
八雲のイタリアン、
『ラ・ピネータ』の長橋シェフから“アーティチョーク”を頂いた。
artichaut.jpg

ん〜。。。
最近築地でもめったに見かけなくなったなぁ。。。
って言うか、日本では値が張り過ぎ〜★

>>>続きを読む
ナチュラル・ハーモニー下馬本店18周年
自然栽培野菜を中心に、
リリアルの主要食材を支えていただいている
『ナチュラル・ハーモニー下馬本店』が18周年を迎え、
記念セールを執り行うようですので、
その詳細をご紹介〜☆
ナチュラル18周年_0001.jpg
ナチュラル18周年_0002.jpg

フォン・ド・ヴォー
「イギリスには二つのソースと三百の宗教がある。」
「フランスは逆に二つの宗教しかないが、三百を超えるソースがある。」


とタレーランは言ったらしいのですが、
フランス料理においては
基本的にその300以上ものソースの土台として、
そして味を大いに左右する“決め手”として、
フォン(Fonds)やブイヨン(Bouillon)と呼ばれる、
いわゆる『だし汁』が必要不可欠です。

>>>続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。