※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
言志晩録/言志四録:佐藤一斎
少(わか)くして学べば
則ち壮にして為すあり

壮にして学べば
則ち老ゆとも衰へず

老いて学べば
則ち死すとも朽ちず

コレ↑は、
ボクが時々、
励みとさせてもらっている、
佐藤一斎による『言志晩録』↓からの一節なのだが、
言志四録(三):言志晩録
言志四録(三):言志晩録

小泉首相の『座右の銘』のひとつなんだそうな。。。

首相は、
田中真紀子外相就任時に
佐藤一斎「重職心得箇条」を読む:安岡正篤著
佐藤一斎「重職心得箇条」を読む:安岡正篤著

を薦めただけにとどまらず、
国会答弁、
メールマガジン↓
『小泉内閣メールマガジン 第28号=2001/12/27-2002/01/03』
『小泉内閣メールマガジン 第36号=2002/02/28』
『防衛大学卒業式典訓示=2005/03/21』
等で、
再三に渡り
件の一節を引用をしているところから、
か・な・り、
佐藤一斎に傾倒していることが見て取れる。

その影には、
『陽明学』が見え隠れ。。。

つまり、
“学”に“実行”が伴わなければ
“水の泡”
ってワケですなぁ。。。(;^_^A



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。