※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
タマにはフルーツケーキなんかも。。。
久しぶりにフルーツケーキ↓を焼いてみた。
クリックすると別窓で大きく表示されます

フルーツケーキのフランス語名は
『ケック(ケーク)アングレ(Cake Anglais)』
即ち
『イギリスの菓子』
という意味。

そのベースとして名高い
『パウンドケーキ』
の名前の由来たるや単純極まりなく、
材料の
バター、
砂糖、
卵、
小麦粉を
それぞれ1ポンドずつ混ぜ合わせて作るお菓子だから。。。
とのこと。

じゃあ、
『ポンドケーキ』
で良いじゃんねぇー☆
なにもワザワザ“ポンド”を
“パウンド”に置き換えるほど
発音にこだわらなくても。。。
しかも材料それぞれ1ポンド(約450グラム)ずつで作ったら、
どれだけの量が出来ると思ってんのよ!
普通のパウンド型で5本は出来てしまうー★
(。。。って細かいことにこだわり過ぎ?)

その点、
フランスではこの『パウンドケーキ』を
『カトル・カール』(←“4分の4”と言う意味)
と呼ぶから大したもんだ☆
つまり、
4種類の材料を1/4ずつ使った。。。
ってことですよ。
“1ポンド”と限定してしまう、
どこぞの国とはワケがちがう!

。。。などと、
フランスかぶれ振りを披露するのもいい加減にして、
くだんのフルーツケーキですが、
リリアルのそれは
ドライフルーツたっぷり〜♪

ラム酒を贅沢なまで(約1/2本分)に染み込ませた
スグレモノ(かな?)です。

3日〜1週間ほど置いた方が
美味さに深みが増すんだけど、
その頃には無くなってるかも。。。(^^ゞ



この記事へのコメント
とても美味しそうです。フルーツがたっぷり入っているタイプが大好きなんです。1週間おいたものは、フルーツと生地とお酒がなじんで超うまそー。食べに行っても良いですか〜?
by P at '06/01/20 17:10
Pさん、こんばんは。

>食べに行っても良いですか〜?

早くしないと無くなるかも。。。(^^ゞ


by 齋藤 at '06/01/20 23:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。