※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
ROOKIES(ルーキーズ)〜愛のテーマ〜
なにを隠そう。。。

リリアルでは最近、
モーツァルトその他のクラシック音楽に混じって、
羽毛田丈史氏による名曲『ルーキーズ:愛のテーマ』が流れている。
プレゼンツ III

けっこう皆さん、
食事や歓談に夢中になっておられるのか、
まったく気がつく様子もなく、
ちょっぴり寂しい気分。。。

って言うか、
『ROOKIES(ルーキーズ)』自体、実はあまり観られていないのか?

ボクはこういった、
ちょっとクサい、やり過ぎ系の熱血モノが大好きで、
必ず小川軒に入りたて(料理人になりたて)の頃を思い出し、
感慨にふけったり、勝手に目頭を熱くしたりしています。

ボクが小川軒に入った年は
同期で13人もの調理師学校卒業生が入社していて、
そこには紛れもなく熱血青春グラフィティが展開しておりました。

そして、ボク達を
その熱血モードへと駆り立てた張本人こそ、
他でもない『ル・カーナヴァル』の中嶋芳男シェフなのであります。

当時、中嶋さんは我々見習い料理人の
教育係的立場で働いてくださっていて、
その“厳しさ”は
13人の新入社員が、半年あまりで6人に減ったことからも、
容易に窺い知ることができると思います。

今でこそ笑い話の種であり、
当時のシーンを思い出すと滑稽でさえありますが、
フランス帰りの中嶋さんはキラキラ輝いて見え、

「めざせ、フランス!」

の思いで、無我夢中でした。

その後、
フランスで13年もの長きに渡り活躍され、
帰国したばかりの酒井一之シェフの店(渋谷ヴァンセーヌ)に
紹介していただき働くことが出来たという経緯もあり、
中嶋さんのお陰で、
本当に良い時代を真剣に生きさせてもらいました。

。。。というわけで、
『ルーキーズ〜愛のテーマ〜』を聴きながら、
我が“原点”を呼び覚まそうと必死こいてる今日この頃です犬



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。