※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
ミモザ
12月だと言うのに、
ジャルダン・リリアルのミモザが咲きました。

ラ・フィーユ・リリアルの周りを囲む植え込みでは
二種類のミモザ(ミモザ・アカシア&ムゲ・アカシア)
を見つけることが出来ますが、
今年の台風で無残にも折れてしまったものも数本(涙;)。。。

そんな嵐にも負けず、逞しく育った“狂い咲き〜☆”をご覧ください!
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
ミモザ

本来の開花時期は南仏でも2月頃。。。
コート・ダジュールでは
日本の桜の木のようにアチコチで見かけることができ、
お土産屋さんでその香水も手に入れることが出来ます。
 
ん〜♪ このボンボリのような可憐さ。。。
そして鼻腔をくすぐる妖艶な香り。。。

私の最も好きな花のひとつですね〜☆


この記事へのコメント
16日に行ったのにジャルダンリリアルのミモザ気がつきませんでした。残念!
我家にもミモザかなり大きな木があったんですが、大雪で枝折れし枯れてしまいました。
2月ころ、ニースあたりに行ったらいいでしょうね。
先日も先先日もとてもおいしかったです。
料理はもちろん、ジャルダンのお手入れ、ブログまでなんて多彩なシェフなんでしょう。
(ヨイショ!次回に期待。下心ミエミエ?)
by あしかが at '04/12/18 23:48
 あしかがさん、

>我家にもミモザかなり大きな木があったんですが、大雪で枝折れし枯れてしまいました。

 はい、ミモザはまるで、か弱い女性のようですね☆(虫も付きやすいし。。。:笑)

>先日も先先日もとてもおいしかったです。

 ありがとうございます。

>(ヨイショ!次回に期待。下心ミエミエ?)

“下心”って女性にもあるんですね〜(笑)


by 齋藤 at '04/12/20 00:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。