※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
琵琶湖の小鮎/コアユ
梅雨入りしてからというもの、
野菜だけじゃなく魚介類も
高値安定路線へ突入ですねぇ〜★

なんて愚痴はあえて封印ー☆
ボーナスで浮き足立つ世間を尻目に
今朝の築地魚河岸では
己がボーナス詮索に没頭。。。

あったあった♪
今年も“鮎の稚魚↓”ー☆
画像をクリックすると別窓で大きく表示されます

この子鮎、
築地魚河岸では
『鮎の稚魚(チギョ)』
として取り扱われていますが、
厳密に言えば
『琵琶湖の小(子)鮎』
そしてもっと厳密に言えば
『琵琶湖の鮎』

元を正せば
『陸封型』の鮎でして、
サケ科の魚同様、
降海しなければ小さいまんま。

琵琶湖(陸封型)の鮎は元々
大きくなっても10cm前後。

すなわち
『鮎の稚魚』
という流通名は間違いで(以下略。。。

こんな
“間違い探し”

“いとおかし”

“築地魚河岸”
でござるよ。


この記事へのコメント
初めまして。
shogameともうします。

アユに関するコメントでなくて申し訳ありません
実は、私のブログで、ズッキーニの花のお料理が
話題になり 検索をかけた結果こちらのブログが
ヒットしました。
2005年6月26日のブログです。

写真とレシピ紹介のため
こちらのブログ、リンクを貼らせて頂きました。
ご迷惑でしたら削除いたします。
事後承諾で申し訳ありませんでした。
by shogame2 at '06/06/17 23:43
shogame様、

食をこよなく愛するブログからのリンク、
恐縮です。

>写真とレシピ紹介のため

のご要望にお応えできてるかどうか。。。

“内容”よりも
“お手軽さ”に重点を置かせて頂いているため
とご了承願います。



by 齋藤 at '06/06/18 01:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。