※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
歓送迎会とは
来月(3月)の主要イベントと言えば雛祭りぐらいか、
と思っていたが肝心なことを忘れていたようだ。
そう。。。
歓送迎会シーズン到来なのである。
 
とは言え、
ここで一つの疑問が生まれてしまった。

『歓送迎会』とは
何時何処で生まれた言葉なのであろう?

恥ずかしながら私メ、
今日のきょうまで『歓送迎会』という言葉は
『歓迎会』と『送迎会』を繋げた造語であろうと思っていた。

がしかし、
本日『送迎』と『歓迎』を別々に“goo辞書”で引いてみて、
改めて己の教養の無さに唖然としてしまった。

というのも、
その“goo 辞書"によれば、
『送迎』は
<行く人を送り、来る人を迎えること。送ったり迎えたりすること。>
とあり、
『歓迎』は
<喜んで迎えること。>
と出る。

となると、
私の今までの考えで『歓送迎会』を解釈すれば
「喜んで迎える会」と「行く人を送り、来る人を迎える会」とを
繋げた造語ということになり、
それでは『送迎会』だけでも
『歓送迎会』と意味は殆んど同じではないか?
ということになってしまう。。。

しかし、
天は私を見捨てはしなかった。
goo辞書による『歓迎』の検索結果のページで、
対義語として『歓送』という言葉を発見! 
してその意味はというと、
<〔『歓迎』の対語として作られた語〕出発する人を励まし、
 温かく見送ること。>
とあるではないか。

即ち『歓送迎会』とは
『歓送会』と『歓迎会』とを繋げた造語だったのだ!
きょうはまた一つ賢くなってしまった。

※追記
やはり、
Google&Yahoo!で検索してみる限りにおいては、
私と同じように間違った解釈をしておられるかたがたが
か・な・りおられるようだ。

特に、
『送迎会』を『送別会』、
並びに『歓送会』の意味と混同している例が数多く見受けられる。

しかも、
それは一般のかたがたにとどまらず、
『歓送迎会』のプランを打ち立てる、
ホテルや宴会場にまで波及しているようなのでオモシロイ。

これはひとつ、
「問題な日本語」に投稿してみる価値がありそうだ☆
問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?


この記事へのコメント
私も「歓迎会」と「送迎会」を繋げたのが「歓送迎会」だと思ってました。
勉強になりました〜。
あとで新解さんにも聞いてみます。
by gon at '05/02/23 10:21
>勉強になりました〜。

 いや〜、現役女子大生から言われると照れるな〜。。。

 。。。っていうか、意外と「送迎会」のアタマに「歓」を付けたという造語だったりしてね(笑)。
by 齋藤 at '05/02/24 01:10
素朴な疑問が解決してスッキリしました。
ありがとうございます。
by 谷 英之 at '11/01/12 17:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。