※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
ブシャール・ペール・エ・フィス:Bouchard Père & Fils
今日は午後からワインの試飲会。
と言っても
「ブシャール・ペール・エ・フィス(Bouchard Père & Fils)」
の単独2003年・ヴィンテージテイスティング。

2003年と言えば、
フランスでは死亡者が続出するほどの記録的な猛暑であった、
というニュースはまだ我々の記憶に新しいが、
ワインの出来は如何であろう。。。
と胸を弾ませ(←ちょっとウソ)会場の東京国際フォーラムへと向かう。

しかしこの国際的なフォーラムかなんかは知らないが、
だだっ広くて何処がテイスティング会場への入り口なんだか
さっぱり解らん★
とボヤキながらも、
なんとか無事到着。

「ふんふん、2003年云々を語ると言うよりも、
 やっぱりブシャールは相変わらず“大人し過ぎる”な〜★」

というのが“大人”に成りきれない私の正直なホンネであった。

が、しか〜っし!
ブシャールさんの名誉回復のためにあえて付け加える訳ではないが、
コルトン・シャルルマーニュ(Corton-Charlemagne)だけはその厚み、
バランスの良さ、
鼻腔を心地よくくすぐるノワゼット&バター、
そしてトースト香、
そのどれをとっても私をエクスタシー・ワールドへと誘う、
他のアイテムの追従を許さない素晴らしい出来栄えでございました。
ブシャール・ペール・エ・フィス

。。。とは言え、いったいこのワイン幾らすると思ってんの?


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。