※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
牡鹿半島グラフィティ
ボクは
『ノスタルジー(nostalgie)』(←実はフランス語)
という言葉が好きだ。

その哀愁漂う言葉の響きが大好きだ。

『哀愁』ってったって悲しくなんかないんだけど、
そこにはこころ静まる“凪”のような旋律がある。

日本語で言うところの『追憶』や『追想』、
ましてや『懐メロ』とはニュアンスが違うんだなぁ★これが。。。

で、この夏休み、
ボクの脳裏には若き日の『牡鹿半島グラフィティ』が展開された。
画像をクリックすると別窓で大きく表示されます
※↑牡鹿半島/鮎川港

“十年ひと昔”とは言うけれど、
気が付いてみれば20年も前の話なんだなぁ。
。。。ってことは“ふた昔”も前なのか?
ボクが『三陸のアイナメ(アブラメ)は夏が旨い!』
の記事で書いたような“素潜り少年”だったのは。。。

“恐いもの知らず”で“あまのじゃく”だったあの頃。。。
って今とそんな変わってないじゃん★

あえて「変わった」と言うなら、
“海の幸”に心から感謝し、
そして味わい楽しめるようになった。。。ってことぐらいかな?

なにせ当時は
とれっとれのウニだろうがアイナメだろうが、
“食べる”と言うより“胃に放り込む”ってな具合だった訳だから、
か・な・りの進歩だわ☆20年も掛ければ。。。

それにしても大自然に囲まれ、
贅沢なのにゼイタクしてるなんてちぃ〜っとも思えなかったあの頃。

これって罪???


この記事へのコメント
おかえりなさ〜い♪

「離れてわかる田舎のすばらしさ&有難さ」
ちいも帰る度、援助物資が届く度に感じてます(○^―^○)
by ちい at '06/09/01 10:40
おぉぉぉ!

>援助物資が届く度

いいなぁ〜☆
お裾分けヨロシク〜♪
by 齋藤 at '06/09/06 02:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。