※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
I Love 女川
牡鹿半島きっての港町、
女川にはボクが最も足繁く訪れた
とても小さな砂浜があった。

全長100メートルほどのその砂浜は入江になっていて、
陸に通じる道は無く、
岩場伝い、
或いは泳いでしか辿り着けない場所にあり、
訪れる人などありえようもなく、
ボクらだけの絶好のプライベートビーチとなった。

岩場一面に群がるウニは
潜ることなしに捕れるほどで、
砂浜ギリギリのところまで群れを成した小魚たちが、
その透明な身体を輝かせて泳ぎ回っていた。

ところが、
そんなパラダイスにも
決定的な欠点があった。

。。。そう、
目と鼻の先に、
まるで要塞の如く原子力発電所がそびえていたのだ。

発電所の建設が決定的となった当時、
地元の人たちはどれだけの憤りを感じたことだろう。
今想い起こしても胸が痛む。

なぜ女川でなければいけなっかたのだろう。
他にも候補地はいくらでもあっただろうに。。。

よりによって、地元きっての漁場を選ぶとは。。。
全く理解に苦しむ。

。。。とは言え、
そんな人間の思惑など意にも介さぬ佇まいで、
女川の大自然は今も変わりなく、
潮風が心地良く頬を撫でていくのであった。。。
女川港工事現場のおじさん達/画像をクリックすると別窓で大きく表示されます


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。