※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
大黒寿司に行こう
『歌は世に連れ、世は唄に連れ』

とは言うけれど、

『食は世に連れ、世は食に連れ』

。。。ってか?

ず〜〜〜っと通い詰めていた馴染みの店に
ほんの些細なことがきっかけで足が遠のいてしまう。。。

ってことあるよね。

たとえば、
思いのほか繁盛し過ぎて騒がしくなってしまったとか。。。
板さん(シェフ)&女将さん(マダム)の顔色が優れなくなったとか。。。
料理の火入れ加減が何時もと違っていたとか。。。

それはタマタマかもしれないし、
どうでも良いことかもしれないけど、
二度とそこに足を運ぶことはない。

我が故郷宮城県には
仙台湾や三陸の新鮮なネタを使った旨いすし屋が山ほどある。。。
と思っていたのだが、
長年の築地通いで我が舌が肥えたのか、
質が低下したのかは知らないが、
“ここぞ!”という店に出会うのは至難の技となってしまった。。。

で、そんななかでもキラリ〜☆と光る名店が
塩釜の大黒寿司
金華サバ/クリックすると大きく表示

マグロを始めとするネタの質&鮮度、
赤酢を用いたというシャリ、
“江戸前”を充分に彷彿とさせるその軽い握り具合、
どれをとっても一級品で、
もし東京にあったら月に一度、
いや週一で通い詰めたいほど。
大黒寿司の特上ちらし/クリックすると大きく表示

「あ"〜!次の帰郷が待ち遠しぃー☆」

。。。と、遠距離恋愛進行形的“大黒寿司”なのであった。
大黒寿司でマグロづくし/クリックすると大きく表示

※大黒寿司
  住所:塩釜市北浜3−9−33
  TEL:022-367-6396
  URL:http://www.shiogamacci.jp/company/daikoku/daikoku.htm


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。