※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
琵琶湖天然鮎でエスカベッシュ
そうそう。。。

先週は、こんなもの↓を手に入れたんだった。
琵琶湖天然鮎
※↑何故か“琵琶湖の稚アユ”で出回っている琵琶湖の鮎

以前の記事『琵琶湖の小鮎/コアユ』にも書いた通り、
見た目は子供(小鮎)でも、
れっきとした大人(成魚)の鮎です。

その証拠にパンパン♪に腹子を孕んでおり、
見るからに旨そ〜☆で、
カラッ♪っとから揚げもいいですが、
ちょうど自然栽培のオニオンも大量に仕入れたことだし、
ここはフレンチ風“南蛮づけ”、
“エスカベッシュ”に仕上げてみました。

鮮度絶好調ー☆の鮎ですから、
ワタを抜いたりなんかしません!

そのまんまサラッ♪と水洗いし、
水気を充分に取り、
小麦粉をまぶしてサラダ油で揚げ、
薄切りにしたオニオンを敷き詰めたバットに並べるわけです。
揚げたてのアユ

で、
別鍋で赤ワインビネガー・タイム・ローリエ・鷹の爪・塩&胡椒を沸かし、
エスカベッシュ・ソース

その中に同量の揚げ油を加え、
更にオニオンの薄切りで覆った鮎の上から
それをぶっかけ〜〜〜♪
琵琶湖天然鮎のエスカベッシュ

。。。で出来上がり。

“ワタ”のほろ苦味よろしく、
野趣溢れる結構なお味ございましたぁー☆

。。。とは言え、
リリアルではもう売り切れー★
で、
単なる“話の種”ってことでひとつ。。。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。