※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
松輪サバを独り占め
ボクが最も通い詰めている築地魚河岸の仲買さんへ
常連として買出しに来る料理人と言えば、

専ら割烹料理や寿司etc...と、
和食系の親方達ばかりで、
そのこわおもてな風貌に、
いつもビビらせられてばかりいるわけなんですが、

今日ばかりは立場逆転〜☆
胸を張って魚河岸を後にすることができた。。。

ってのはちょっとしたデフォルメ的表現ですが、
カンペキなまでに鯖に取り憑かれ、
ワイン&サバを売りにした『バッテラ・バール』でもやろうかと、
真剣に考え始めた今日この頃のボク。

鮮度バツグン〜♪&脂ノリノリ〜☆
な『松輪サバ』を目にした瞬間、

「全部いただきー!!!」

と叫んでしまっていた。
。。。って零細リリアルがこんなに仕入れて大丈夫なのかぁ?

やっぱ、
見てるだけで惚れ惚れしますねぇ、松輪のサバは。
2006/09/29の松輪サバ

そんなサバフリークなボクにとって
松輪サバとは。。。

・目が大きく
・顔が精悍
・皮は金銀に光り輝き
・身は肌色&ピンク色
・全くサバ(生)臭さが無く
・とろけるような食感は形容し難い

とは言え。。。

・腹が臨月の妊婦の如くとんがっている
・胃の残留物から察するに過食症気味
・もし人間だったらはっきり言ってデブ

ってことで。。。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。