※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
ハスイモ
リリアルには野菜通のお客様が少なくないが、
これ↓を知ってる方は少ないかも?
ハスイモ
(。。。とエラそうに言ってみても、又お客様からの頂きものです)

『ハスイモ』と言う
サトイモ科の植物なんですが、
地下の芋の部分は使いものにならず、
専ら↑の画像のようなズイキ(葉柄)を食用とするので、
一見葉っぱや茎の様でも“イモ”の名を冠しているワケです。

で、『ハスイモ』と言うからには“蓮(ハス)”との関連性は?
と申しますと、
切った断面がハス(蓮根)のように穴が開いているから。。。
とのことなんですが、
これ↓はどう見たってハスと言うより“スポンジ”でしょ!
ハスイモの断面

ってなこと言ってみたところで、
“スポンジ”じゃあ食欲をそそりません★ので、
“ハス”なんでしょうね。

んでもって、
この『ハスイモ』がリリアルでどのように変身するのか?
ってな話は二の次三の次。。。

取り合えず生のまんま“リリアル特製マヨネーズ”を
たっぷり付けてパクッ〜♪
ハスイモ&マヨネーズ

ってことで、

「ごちそうさまぁ〜☆」


この記事へのコメント
 えっ、ハスイモ、生で食べちゃった!のって
でも、ネットで調べたらそれがスタンダード。
 
 乾煎りして、みりん醤油唐辛子おまけにごま油で
(時には石垣島ラー油まで)、メンマ風なんて
普通の食べ方じゃなかったんですね。

 もっと繊細な野菜だったんだ。失礼!!
by あしか at '06/10/27 23:02
ハスイモ、食べたことありますー。
石川県の湯涌温泉に泊まった時に、宿(やました)でハスイモが出ました。
どんな料理だったかは忘れちゃいましたけど。
品数多くておなかがはちきれそうなほどになって。
もうおいしかったことしか覚えてません。笑
by gon at '06/10/28 10:49
>乾煎りして、
>みりん醤油唐辛子おまけにごま油で
>(時には石垣島ラー油まで)、メンマ風

なるほど。。。
超“イモガラ”風レシピなわけですか?
今度マネしてやってみますね☆

>どんな料理だったかは忘れちゃいましたけど。

生よし、煮付けよし、炒め物よし。。。
の万能選手です。

機会がありましたらご家庭でもお試しアレ♪

by 齋藤 at '06/10/29 02:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。