※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
蝦夷/エゾ鹿のテリーヌ:仕込み編
さぁ〜て、
コレ↓はなんでしょう?
豚の背脂を敷き詰めたテリーヌ型

はい、
一見“魚介フリーク”&“築地オタク”のボクだって、
タマには“フランス料理”を作ったりするんです。

で、今日は『蝦夷/エゾ鹿のテリーヌ』なんぞ作ってみようということで、
テリーヌ型に豚の背脂なんか敷き詰め始めたってワケです。

・蝦夷鹿の肉・ハツ(心臓)&レバー、フォアグラ、豚バラetc...
テリーヌの具
  を分量の塩コショウ、スパイス、カルバドス、ポルト酒で漬け込み、

・ミンサー(肉挽き器)にかけ、軽く練ってテリーヌ型に詰める。
詰め込み中。。。

・上面も豚の背脂で覆い、蓋をして湯煎にかけオーブンへ。。。
火入れ中

・焼き上がりの図↓
焼き上がり
  Mmmm。。。この香り、伝わらないかなぁ。。。

・で、重石をして冷めたら冷蔵庫で一晩寝かせて出来上がり〜☆
重石で冷まし中。。。

。。。と言いたいところですが、
リリアルではコレをただ切り分けて、
冷たいまま供するわけではございません。。。

続きはTo be continued。。。って言うか、
ご来店頂ければ一番わかり易いと思うんですが。。。ってことで。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。