※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
イベリコ豚はただの豚?
今日もまた、性懲りもなく“ブタ”の話である。

昨日の記事でも話したように、
美味しかろうが愛らしかろうが、
“ブタ”ということばを人に対して用いることは
失礼(←ブタに対して?)に値する、
という事実は否定できない。

しかし、
豚のそのマイナスイメージを根底から覆す、
「紅の豚」のような豚が数年前から日本にも上陸した。
。。。そう、
グルメからの熱い眼差しを一身に浴びる
『イベリコ豚』
がそれである。



このイベリコ豚、
スペイン産の黒豚で、
一定期間の飼育後、
放牧により“ドングリ”ばかりを食べて肥育したという、
まるで“仙人”のような豚なのだが、
その味たるや正に“仙人級”!!。
特筆すべきは、
その脂身である。
トロットロ♪のプルップル☆、
そして滋味深〜い味わいなのだ。

目下リリアルでは、
その中でも最高級とされる
『ベジョータ』のタン(舌)のローストを提供させていただいている。
このタン元のしっとり感&タン先のコリコリ感がたまらな〜い☆

ポルコ・ロッソさん♪ 
“飛べねえ豚はただの豚”かぁ〜?


余談だが、
↓の「紅の豚DVD」のフランス語音声では、
あのジャン・レノがポルコ・ロッソの声を担当し、
はまり役を演じている。



この記事へのコメント
こんにちは、はじめまして。
トラックバックをして頂いてありがとうございます。
これで、双方向トラックバックですね!
私はタンはまだ未経験なのですが、頬肉、セクレト、カタロース
ロース、パンチェッタは経験しました!
イベリコのタン美味しいでしょうね・・・タン塩で食べたい!です。
また遊びに来ますね!
by アミーゴプラザ at '05/04/05 19:47
 アミーゴプラザさん

>これで、双方向トラックバックですね!

 はい、これがトラックバックの醍醐味ってヤツでしょうか?(笑)

>私はタンはまだ未経験なのですが、頬肉、セクレト、カタロース、ロース、パンチェッタは経験しました!

 脂身豊富な肩ロースは悶絶(?)もんですよね?(笑)

>イベリコのタン美味しいでしょうね・・・タン塩で食べたい!です。

 はい、略して“イベタン”と申します〜☆

>また遊びに来ますね!

こちらこそアミーゴプラザさんの充実したスペイン、食のブログを楽しませていただきます。
by 齋藤 at '05/04/06 00:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。