※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
ポルコ・ロッソとサン・テグジュペリ
初めて宮崎駿監督の『紅の豚』を見た時、
何故かサン・テグジュペリの幻影が私の頭を過ぎった。

。。。それは決して晩年のサンテックス(←サン・テグジュペリの愛称)が
“ブ●顔↓”だからではない(笑;)。


私が“地中海沿い”にあたる南仏コート・ダジュールでの
生活が長かったため(←決して自慢ではありません)、
『紅の豚(ポルコ・ロッソ)』
     ↓
『“地中海”の飛行機野郎』
     ↓
『その最期はコルシカ島から飛び立ち、
  “地中海”に散ったとされる“サン・テグジュペリ』

。。。と、
その時代背景を超越して、
即座に頭の中で結び付いたのだろう。。

加えて、
私がサンテックスの伝記的テレビ映画
「星空への帰還:Saint-Exupéry:La Dernière Mission」
を観ていたことも手伝ったのかもしれない。

後で聞いた話だが、
宮崎駿監督も若い時分からサン・テグジュペリの著作を愛読し、
空への憧れを抱いていた
(ナウシカの“パンチラ”も空への憧れからきたのかな?)
とか。。。

ひょっとして宮崎駿監督と以心伝心???
私も“オ●ジ”から“ジ●イ”の領域へ突入か〜?★

※追記:
  その「星空への帰還:Saint-Exupéry:La Dernière Mission」をお薦めしようと、
  Amazonにアクセスしてみたが、
  在庫もなければ画像もない★
  以前一の橋のレンタルビデオ屋で一度見かけたので
  TSUTAYAなら在庫してるかもしれません。
  「星の王子さま」&サン・テグジュペリのファンの方には
  オススメしたい作品です。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。