※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
閑話的“続きを読む”
 近ごろ「続きを読む」が熱い!

 。。。なんのことか?と思いきや、“続きを読む”を用いた記事構成は是か非か。。。についての物議が醸し始めているというのだ。
 元来、争い事を好まぬ平和主義者(?)の私にとって、「どっちでもイイじゃないの〜☆」が本旨とするところだが、サイバーシェフとしては黙視する訳にも行かず参戦、じゃなかった★便乗してみることに。。。(笑)
 詳しくは下記ブログページを参照とされたい。。。
 ●「続きを読む」再考 
 ●「続きを読む」の是非について 
 ●「続きを読む」は是か非か?
 ●続きを読む
 ●辛口だけどいいサイト 

 私なりにネット上を色々散策してみたところ、この問題は“是非論”と言うよりも“続きを読む”が“イラつくか、イラつかないか”(笑)にあるようだ。
 私の場合、“イラつく”とまでは行かないが、気が付けば確かに以前頻繁に訪れていた高橋がなり氏の“ブログ虎の声”などは、全ての記事に“続きを読む”を使い始めてからというもの、めっきり足が遠のいてしまっているようだ。 
 何故なんだ?と、今更ながら自問自答を試みれば、今までさも週刊誌でも手に取るようにサラっと流し読みしてきたページに、それこそ“袋とじ”でも付いたような感覚に戸惑いが感じられるからかもしれない。。。

 かく言う私もブログを書き始めた頃は“続きを読む”という機能を使ってみたくてしょうがなく(笑)、多用していた訳なのだが、ある時ふと、

 「これはGoogleやYahoo!などのクローラ対策的にはマイナスではないのか?」
 
 と思うに至り、殆んどの“続きを読む”を排除することにした。。。という経緯がある。
 
 なにせ私のブログは“ビジネス・ブログ”(。。。と、こういう時だけ“ビジネス”ぶる:笑)、一人でも多くの人の目に付くブログに仕上げてナンボである。
 つまり大事なキーワードが潜んでいるかも知れない記事の後半部分を“続きを読む”で隠してしまうなんて勿体なくて。。。(どの道Seesaaブログは無料なのだが。。。:笑)
 特に最近ではGoogle、Yahoo!とも、トップページは翌日には更新され、記事ページについても2〜3日後には登場し始めるので、どの言葉で検索されるかワクワク♪ドキドキ☆ものです(笑)。

 。。。と言うわけで、“続きを読む”は極力使わない派になりつつある、って言うかナビゲーション・バーがあるので使う必要がない(?)最近の私ですが、決して肯定または否定的立場にはありませんのでご理解のほど。。。


この記事へのコメント
深田です。
続きを読む、論争の発端は「続きを読むは使うべきではない」みたいな記事やコメントがあったためみたいですが、そのブログごと、それこそ「どっちでもイイじゃないの〜☆」ですね(^^

ただ、SEO的にはどっちが良いかは、また考えてみます。

ところで今日の、うちの記事、斉藤さんのところで使えるネタじゃないかな(^_-)
by 深田 at '05/04/07 17:45
TBありがとうございます〜。

同じく、どっちでも良いのでは?派です(笑)
アドセンスが云々言ってる人も居るみたいですが、長期的に考えたら読者の数を増やすために記事の質を高める工夫の方が重要な気がします。

がなり氏のBlogに関するコメント「袋とじみたい」。まさにそんな感じですね。
by きむ at '05/04/07 23:42
 深田さん、

>そのブログごと、それこそ「どっちでもイイじゃないの〜☆」ですね(^^

 っていうか、●チャンネラーとブロガーを混同するような発言は控えていただきたいものですネ★(笑)。

>ただ、SEO的にはどっちが良いかは、また考えてみます。

 是非〜☆(。。。常に他力本願なアタシ。。。)

>ところで今日の、うちの記事、斉藤さんのところで使えるネタじゃないかな(^_-)

 はい、タイムリー・ネタ、サンキューっす☆お陰でチェック済みですがライバルが多そう。。。

 きむさん、
 
>アドセンスが云々言ってる人も居るみたいですが

 だいたいが、“アドセンス”対策の為に“続きを読む”を利用してホントに効果あるんでしょ〜かね〜。。。(笑)

>読者の数を増やすために記事の質を高める工夫

 全く以下同文でっス☆

>「袋とじみたい」。まさにそんな感じですね。

 はい、昔を思い出します。(えっ!。。。冷汗)
by 齋藤 at '05/04/08 02:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。