※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
外食の教科書 / 園山真希絵
「なんだべぇ、こっぱずかすぃごだぁー★」(←仙台弁のつもり)

的な話でアレなんですが、
超若人的美形女流料理研究家:園山真希絵さんの最新著書、
外食の教科書
↑にリリアルを掲載いただき、
昨年(2006年)12月に発売になっております。

曰く。。。(※以下抜粋)
噛めば噛むほど、味が出るスルメ。スルメは、食材としてはもちろんのこと、万能調味料としても、味・健康効果ともに優れたパワーを発揮する。 そんなスルメの人間版こと齋藤富治夫氏が、品川区上大崎で、南仏料理店のオーナーシェフとなり、腕と笑顔(と口)をブルンブルン振るっている。

なんだボクはス・ル・メだったんですねぇ。

炙って、裂かれて、しゃぶられて。。。
酒の肴にどーぞぉ〜☆


この記事へのコメント
本、見ましたよ〜。

『時にはスルメ、時には辞典(喋る辞典ネ)になるという味わい深い斎藤シェフ。そして、やや抜けている感と陽気さもいい味・・・・』

って、褒め言葉ですかね〜!?(笑)
抜粋した場所が悪いかも・・・・

今年も食べて元気なるお料理をよろしくお願いします。
by T at '07/01/13 14:32
“カンペキ”に抜けているところを

“やや”抜けている感。。。

としてくれた辺り、
充分褒めことばでんがなぁー☆

今年もよろしくお願いします。

by 齋藤 at '07/01/15 00:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。