※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
最多出場は帆立の稚貝
ガキの時分より、
貝類は私の大好物のひとつである。

シジミやアサリの味噌汁が食卓に上ると
何杯お代わりしたか覚えていないほどで、
カキフライなども余りに度が過ぎた食欲に、
毎度お袋様からストップをかけられ、
欲求不満の内に無理矢理食事を終えさせられたものだ。

この体質は大人になってからも変わらず、
もう時効ゆえ告白させてもらえば、
修業時代、先輩や親方(シェフ)の眼を盗んでは
帆立にホッキ、ムール貝に生牡蠣。。。
と、無意識の内に(←うそ)
何個私の胃袋に納めてしまったことか。。。(笑)

リリアルでも、
帆立・白バイ・ムール・ツブ・ホッキ・アサリ・シジミ。。。
と色々使っているが、
去年の暮れから今年の春にかけて大活躍の最多出場は、
なんと言っても↓の帆立の稚貝であった。


白ワインで蒸して良し、
生で良し、
焼いて良し、
はたまたご飯と共に焚いて良し〜♪の
四拍子揃った小さな巨人ならぬ巨貝なのである。

※余談ながら、
 今日は北海道のぷりぷりアサリも仕入れて来たのだが、
 半分以上自分で食べてしまった。。。(^。^;)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。