※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
築地市場活用法
 築地魚河岸は休市日前日が熱い〜☆

 。。。と言うのも、休市日前日に売れ残ってしまってはお魚の商品価値が極端に下がってしまうので、是が非でも売りさばこうと中卸業者が躍起になるからだ。

 そんな切羽詰った中卸業者の弱みに付け込む気はサラサラないが、そんな中での“示談交渉”は実にオモシロイ☆ いつもは手が出ない高級鮮魚も“お手軽”価格で手に入れることも可能だったりするのだ。
 。。。とは言え、情にほだされて思わず買い過ぎてしまう事もしばしばなので、立場的にはフィフティ・フィフティなのだが。。。(苦笑)
 
 。。。ということで今日は祝祭日が絡んでない場合、隔週休市日となる水曜日の前日である火曜日。北海道発:ひらめ↓を買わされて(?)しまった。。。
     ひらめ

 こんな4.5kgもの天然ヒラメは普段なら我々レベルのフレンチ・レストランでは、そう易々と手が出せるものではない。ましてや冬場の“寒鮃”なら尚のこと。。。
 とは言うものの今頃の平目は産卵期に入り身が痩せて味が落ちる。
 しかしながら国産天然モノでは最も産卵期の遅い“北海道モノ”だけはこの時期でもイケる☆。。。ということで、すかさず“お手軽”価格でゲット〜♪

 やっぱり築地通いは止められない!

 それに魚河岸には“江戸っ子”気質がまだまだ色濃く残ってるしね♪
 こんな“おっちゃん↓”がゴロゴロしてる。
  堺石のおっちゃん

 この“おっちゃん”は私が最もお世話になっている仲買業者のひとつである『堺石』さんで働く“おっちゃん”なのだが、呼び名は『おっちゃん♪』。そして彼は私を『リリアルさん♪』と呼ぶ。『おっちゃん』とは呼んでいるが私は彼の名前を知らない。そして彼も私の名前を知らない(多分)。
 以前彼は私を『社長〜!』と呼んでいた。それが『リリアルさん♪』に変わっただけでもか・な・りの進展である。決して『齋藤さん』と呼んで欲しくはない。そして私も彼の名前を知ったところで『おっちゃん♪』と呼び続けるだろう。。。
 そんな関係もた・ま・ら・な・い、築地魚河岸なのであった。。。
 


この記事へのコメント
 5.6の消印でおはがきを、貰ってから
今,やっと「築地魚河岸若旦那日記」に
います。ジバングのバス旅行で干物作りで、
昼食がおいしいかったことを思い出して
書き込みしています。
by 村田 八重子 at '05/07/24 17:00
 村田 八重子様

 大変申し訳ございませんが、“人違い”ならぬ“ブログ違い”かと思われます。
 
 『築地魚河岸若旦那日記』は私もお世話になってますがURLは
 http://www.metro-sexual.jp/food/fish/
となりますのでご確認ください。

by 齋藤 at '05/07/25 00:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。