※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
タコの卵/海藤華/かいとうげ
そうそう、
昨日築地魚河岸で、
ちょっと珍しいものを見つけました。。。

そこで問題で〜っす♪
ちょっとグロいですが(^_^;)↓の画像は
いったい何でしょ〜???


↑コレを茹でると↓こうなります。



正解発表は明日の。。。と引っ張りたいところですが、
明日は定休日=休ブログ日(笑)なので即日正解発表〜♪

正解は、
垂れ下がる藤の花のように見えることから
『海藤華(かいとうげ)』とも呼ばれる『タコの卵』です。

実は私も今回初めて使ってみた食材なんですが、
“卵”とは言え食感は正に“タコ”そのもので実にオモシロイ☆

こんな日本ならではの海の幸もこれからはドンドン取り入れて、
料理の幅を広げて行きたいと思いますのでヨロシクお願い申し上げます。


この記事へのコメント
たこの卵は寿司屋などで煮付でしか食べたことがありません。あの食感が好きですが、フレンチでどうのように調理するのか非常に興味があります。ポワレするんでしょうか?どんな食材と合わせていくんでしょう??レモンと澄ましバターを使うようなソースなんでしょうか???もしかしてトマトなんか使うのかな????
全くイメージが膨らまない。想像つかないだけに、興味津々です。
by ponkoro at '05/06/06 14:17
 ponkoroさん、こんばんは。

>たこの卵は寿司屋などで煮付でしか食べたことがありません。

 はい、実は私も。。。(笑)

>フレンチでどうのように調理するのか非常に興味があります。

 非常に短期間で消えて行く素材なので色々試してみるには何年か越しでのチャレンジとなると思いますが、取り敢えず“クール・ブイヨン(即席ブイヨン)”で軽くポシェしてから南仏風マリネにし、付き出し(アミューズ・ブッシュ)として提供しております。

 裏メニューでは(以下略。。。:笑
 
by 齋藤 at '05/06/08 01:32
たこの卵、 一度だけ食べました しかも、生の刺身です  中から出てくる旨味が舌の付け根を直撃して、あまりのうまさに感動しました あれ以来、遭遇しませんが次出会ったら必ず注文したい逸品です
by マイクル at '05/06/23 05:55
 マイクルさん、こんばんは。

>たこの卵、 一度だけ食べました しかも、生の刺身です

 はい、限りなく生に近くサッ♪と湯通しし、ポン酢で頂くとサイコー☆ですが、完全ナマは未体験。。。

 次回、チャレンジしてみることにします。

 
by 齋藤 at '05/06/24 02:06
最近、海藤華を見かける機会が多くて、興味を持ち検索して、このブログにたどり着きました。
季節モノなのですね。
ネットで見ると、卵と卵巣、2つの説があるのですが、いったいどちらなのでしょう?
上の写真と下の写真の形が違うのは、上の写真が卵巣で、茹でると割れて下の写真のような卵が出てくるということでしょうか???卵の入った蛸を捕らえたものということでしょうか?気になって仕方がありません。教えていただけますでしょうか?
PS 今年はどんな調理をされるのでしょう?


by 食いしん坊 at '06/04/29 08:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。