※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
小川軒/レーズンウィッチ再考
私が物欲しそうな顔をしているからか、
はたまたビンボーが板に付いているが故に
憐れみの心を皆さんに芽生えさせてしまうのか、
ラ・フィーユ・リリアルには
“菓子折り”持参でいらっしゃるお客様が多い。

今日は初めてご来店のお客様から国産の“アーティチョーク”、
昨日は麻布十番時代からのお客様から御門屋の“揚げまんじゅう”、
そして一昨日いらした常連さんからは
北海道土産の六花亭“ごろすけホーホー”をいただいた。


ところで、
その六花亭の公式サイトを見てみたところ、
色々オンライン販売も手掛けているようだ。

ふんふん、
なるほど、
この『マルセイバターサンド↓』ってのが


『レーズンウィッチ↓』を模した
今風に言えばパクった)お菓子なんだな。。。



我が故郷仙台でも
“KENZO”という店の店主が
小川軒:製菓部の出ということで20年以上前から
“レーズンフリアン”(←うろ覚え)なる“レーズンサンド”で
好評を得ているようだが、

今や東京近辺でも御本家の『小川軒』が分裂してからというもの、
デパートの地下食品街や催事場等でも
“レーズンウィッチ”を見掛けるようになり、
『本物』が見失われつつあるようで、
代官山小川軒OBとして
一抹の寂しさを覚えてしまうのは私だけではあるまい。

そもそも『レーズンウィッチ』とは
代官山に店を構えた先代の店主が遊学の為パリを訪れた折、
“サブレ生地にレーズンクリームを挟んだ菓子”
と出会ったことが始まりで、
是非そのレーズン&サブレの菓子を再現してみようと
先代の目黒菓子工場の工場長と共に試行錯誤を経て
完成にこぎつけた珠玉の作品と聞いている。

即ち、
現在『レーズンウィッチ』については
様々な憶測や売名行為等もまかり通っているようだが、
代官山小川軒でお世話になった我々にとっては

“代官山小川軒”&“目黒店(新橋店でも販売)”

のものだけが“発案者”である先代店主直系の
『レーズンウィッチ』ということになるのである。

※小川軒
  住所:東京都渋谷区代官山町10-13
  TEL:03-3463-3809

※目黒店
  住所:東京都目黒区目黒本町2-6-14
  TEL:03-3716-7161
  新橋店
  住所:東京都港区新橋2-20-15
  TEL:03-3571-7500
  URL:http://www.ogawaken.co.jp/index.html
この記事へのコメント
ぉぉぉぉおがわけんー♪
えっと、やっぱり代官山のが一番美味ですね!
ぅーん、ホントにそう思いましたよ。
次に目黒新橋。
御茶の水のはまた違った感じですよねぇ。
デパ地下などで最も手に入りやすい鎌倉のは、
なかなかどうしてイマイチなのよぉ★
(この間戴き物したのですが、微妙に落胆。)
代官山の、食べたーーーーーーいっ!!

小川軒の枠をはずせば類似品はいろいろ...。
近江屋洋菓子店のは、パッケージもレトロで悪くないですよ〜。
by べーぐりゅやさん at '05/06/13 20:59
 べーぐりゅやさん、こんばんは!

>代官山の、食べたーーーーーーいっ!!

 はい、優しくしてくれればネ!(笑)

 ところでいよいよオープンっすね☆

 期待してますよー♪

 途中経過ヨロシク〜☆

 
by 齋藤 at '05/06/15 01:05
やっぱり、そうですよね!
オリジナルのレイズンウィッチ、最高です!

もうひとつの小川軒さんの方はあちこちに出店してるし、全国どこでも発送してくれる。

けれども、ほんとの小川軒さんのはきっと品質を重視してのことだと思いますけど、ほかの店では買えないし、発送もしてくれませんよね。

いろいろとコピー商品がある中、オリジナルのがいちばん品質を重視していて、商売もまじめで、しかも食べれば違いがわかるおいしさだっていうのはなかなかないことだと思いますし、すてきだなと心底感じます。
by A at '06/03/09 16:25
Aさん、こんばんは。

ん〜。。。

しばらく食べてないんで、
そろそろ禁断症状が出るころかも。。。(^^ゞ
by 齋藤 at '06/03/10 02:19
小川軒のレーズンウィッチ!
独身の頃、といっても30年以上前で・・・。
新橋駅前でよく買いました。
その後も時々買ってきて貰ってました。
あれは代官山と同じと思っていたのですが、どうだったんでしょうか。
最近どこでも手に入る鎌倉のは明らかに味が違いますよね。

関東に帰省していて昨日帰ってきたところなんです。目黒区美術館や庭園美術館も行ったのに・・・ショック!何が何でも食べたくなった!

by TK at '06/05/24 19:50
TKさん、
はじめまして。

>あれは代官山と同じと思っていたのですが

はい、
以前はぢちらも目黒の小川軒製菓工場製で
同じものでしたが、
現在は別になってしまったようです。

>何が何でも食べたくなった!

ご期待に添えますかどうか。。。
機会がございましたら
お気軽にお立ち寄り願います。

by 齋藤 at '06/05/26 23:43
レイズンウイッチは、この数十年というものの代官山のものしか食べたことがなかった。本家だからと気取っているわけではな〜い。なぜなら、大阪に生まれてこのかた住んでいるので、東京に住む友人が大阪にやって来る時にのみ(それも1ヶ月も前から予約を入れてもらって!)食することのできる逸品であった為なのです。でも最近は、色々な所の小川軒があるとは知らず、最近では友人にどこがいいの?なんて聞かれる始末。調べまくった結果、新橋・目黒にもあるということを知り、そして本物なのか? 同じ名前のものが鎌倉・御茶ノ水にもあるとか。そして、明日鎌倉のものを食するチャンスがやってきた。大阪の近鉄百貨店阿倍野橋店にて特選グルメ博覧会というものに鎌倉小川軒のレーズンウィッチが出展されている。早速、試してみるなり。。。
by Kaya at '06/06/09 00:09
関西まで知れ渡っていたとは
嬉しい限り。。。

先代の気概が無駄にならぬよう、
ただただ祈るばかりです。
by 齋藤 at '06/06/11 01:18
元祖 小川軒 レーズンウイッチ
の歴史をどうしても知りたかったので
このHPに出会えてよかったです。
鎌倉、御茶ノ水とは全く比較にならない
粋で繊細な味わいですよね。幸せになれる
レーズンウイッチは代官山だけだと。
これからも忠誠誓って買いにうががいます。
by カリメロ at '08/02/26 01:14
御茶ノ水小川軒(ヒロユニバーサル)のレーズンウイッチは、
新潟県のボンオーハシという菓子屋で生産してます。
by 事情通 at '08/04/29 09:52
レーズンウィッチおいしいですよね。25年ほど前に初めて食べた時、あまりのおいしさに4つ位一度に食べてしまいました。

先日、代官山と新橋のレーズンウィッチを同時に食べました。
同じ味に感じたのですが、高一の娘いわく

「ビスケットが違う。代官山のはほろりと崩れる。新橋のはややパリッとした感じでほんの少し硬い。でも、クリームとレーズンの割合と味は同じ。
ちなみに、御茶ノ水のはクリームが多くレーズンが少ない。クリームの味がもっとミルクっぽい味でくどい。だからくどくて1つ食べると嫌になるが、新橋と代官山のはもう一つ食べたくなる。」

言われてみると確かにそうです。御茶ノ水のは2度と買おうと思いません。

田舎に住んでいるので、東京に行くたびに予約して新橋で買っています。この味がいつまでも変わりませんように。

by sato at '08/10/27 14:42
↑のコメントにまったく同感です。

御茶ノ水のクリームには、たぶん大豆油などの重い油脂が使われているのだと思います。
くどくて、1つ食べると胸焼けします。

それに較べ、代官山や目黒・新橋のはあっさりしていて2つ3つと食べられます。

御茶ノ水のは手に入りやすいですが、私も2度と買おうとは思いません。
(実は食べたい欲望に負けて2度目を買いましたが^^; やっぱり後悔しました‥。)
by まるこ at '08/11/05 20:23
先日、小川軒のレイズンクッキーのクリームなしのプレインを
はじめて食べました。
クリームが入ってない分、
長持ちするのかな・・・とか思いながら、
ふたつきの素敵な缶入りだったので買ってみましたが、
やっぱりクリームが入っているのが絶妙においしいと思いました。
突然おじゃまいたしました。
by mariacecilia at '08/11/28 09:08
古いネタにコメント失礼します。

実家が上馬なのですが、かつては母親に
「○○さんが見えるからひとっ走り行って買って来て」
と、碑文谷の目黒店へ買いにいったものでした。
五反田11系統(五反田〜世田谷区役所間)で目黒郵便局で降りればほんの数分でした。
自転車で行けない距離じゃないんですが、「崩れたらいやだからバスで行け」と(w

「六花亭」バージョン、御茶ノ水バージョンを頂いたことがありますが、やはり目黒(+新橋、代官山)が一番なんですね。
札幌出身(「六花亭」は札幌)の妻が聞いたら気を悪くしそうだな。

あ〜、久しぶりに食べたくなってしまいました。
by kei at '10/06/12 16:27
我が家でレーズンウィッチと言えば、代官山以外ありえません。小川軒系列以外のものは、別物と考えれば良いんじゃないかと思います。私には、鎌倉のお品は、残念な感じですね。どうしてこういう風に作るかな?と思ってしまいますが、これもまた、代官山のお品が大好きだからなのでしょうか。
どこのものでも美味しくあるよう、努力して欲しいですね。
by hana at '11/01/14 16:37
代官山小川軒さんのお菓子(チョレートウィッチ)を知人からいただき
どんなお店なのか見ていたらここにたどり着き・・・。
六花亭のマルセイバターサンドが出てきたので思わず反応してしまいました。

「六花亭」は札幌ではなく帯広です。

やはり小川軒のレーズンウィッチを参考に考案されたそうですが、北海道ならではというか
ホワイトチョコとフレッシュバターを使ったバタークリームを挟んでいます。
私は東北出身で今は札幌に住んでいます。小さい時に叔母がくれたマルセイバターサンド、
このバタークリームが好きです。
これしか食べたことがないのでわかりませんが、
皆さんの声を読んでいて元祖のレーズンウィッチを食べてみたくなりました。

機会があったらぜひ食べてみます。
by フレア at '12/08/10 22:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。