※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
旬の味覚、富山発『白海老』に舌鼓♪
昨日、築地魚河岸でゲットしたのは
『北海道発“天然アサリ”』だけではな〜い♪

。。。そう、
今が旬真っ只中〜☆の富山県は富山湾名物の『白海老』↓!


この白海老↑は静岡県:駿河湾発の『桜海老』と共に、
庶民的な値で取り引きされているにも関わらず、
鮮度&調理法によっては玄人好み〜☆となり
グルメのハートを十二分に揺さぶる食材。

さて、ワザワザ手を掛けて殻を剥くまでもなく、
そのまま“わさび醤油”を添えただけで
充分“酒の肴”となりうるこの『白海老』
(ちょっとお髭が気になりますが★)、
“掻き揚げ”や“磯辺揚げ”もいいが、
そこは一応“フレンチ〜♪”なラ・フィーユ・リリアルとしては
一捻り〜☆

燻製にしてから、
古代米と共に『リゾット↓』にしてみました〜☆


コレが旨い!(って自分で言うか〜?(^_^;)

。。。とは言え、
こんなラ・フィーユ・リリアルのメニューには載ってない料理、
一体誰が食べるんだろー?(笑)


この記事へのコメント
田舎が富山の魚津なのですが、白海老美味しいですよね!久々に帰ろうか考えてしまいました。
by sassicaia at '05/06/20 15:25
きゃー。
富山で白海老を始めて食べたあの衝撃は忘れられません。本当においしかったっす。
バターみたいな身ですよね。

しかし、贅沢なリゾット・・・・。
by うさこ at '05/06/20 22:42
 sassicaiaさん、うさこさん、こんばんは☆

 >sassicaiaさん

>田舎が富山の魚津なのですが、

 富山湾を望む“魚津”ですか〜☆
 さぞや旨い海の幸を幼少の頃より満喫されたのでしょうね?

 お話伺いたいものです。

 >うさこさん、

>バターみたいな身ですよね。

 はい、不精がらず殻を剥いたお造りの身は天上の食物とはかくありなん♪ってカンジですよね〜☆

>しかし、贅沢なリゾット

 食べたい?(ムフフ。。。
by 齋藤 at '05/06/22 03:49
富山人の白海老コメントです(;^_^A アセアセ…
この海老は水揚げ直後は極々淡い透き通ったピンクです
地元では以下の食べ方が一般的(フレンチ以外)
 1.お刺身…冷凍し解凍後むき身に(鮮度大切)
       小さいのと、殻の取りやすさ
 2.寿司ネタ 軍艦巻き
 3.かき揚げまたは空揚げ
 4.素麺の出しとり
 5.釣り餌(私が御幼少の頃の話
       現在のような高級品ではなかった)
お刺身の食べ方が広がってからかな(歴史的にはそんなに古い食べ方ではない)
  あとは昆布締めでの食べ方もあります
フレンチで食べた〜い(=●^0^●=)       
by 富山の白海老大好きMan at '05/07/13 20:57
 富山の白海老大好きManさん、こんばんは。

 とても勉強になるコメントありがとうございます。

 特に
・「冷凍し解凍後むき身に」すると剥き易いということと、
・「素麺の出しとり」
・「昆布締め」
 というのは私にとっては“斬新”な手法であり、是非試してみようと思います。

>フレンチで食べた〜い

 上京する機会などございましたらお気軽にお立ち寄りください(^^)


by 齋藤 at '05/07/13 23:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。