※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
料理王国 2007年 07月号
ヤクルトの古田監督兼捕手は
自ら代打に起つとき、

「代打おれ!σ(^^;)」

と主審に告げるらしいが、
そんなのなんてことないよー★

ボクなんか、

「シェフおれ!σ(^^;)」

「キッチンスタッフおれ!σ(^^;)」

「調理見習いおれ!σ(^^;)」

だし、
tomo-chanだって、

「メートルドテルわたし!σ(^^;)」

「ソムリエールわたし!σ(^^;)」

「ホールスタッフわたし!σ(^^;)」

だもんねー☆

こんな境遇にあり、
お客様方に散々ご迷惑をおかけしながらも、
腐らず愚痴らず、
前向きに仕事に取り組める魅力がフランス料理にはある。

そんな“魔力”とも言えるフランス料理の“魅力”を
現代日本人の視点から、
『料理王国』さんが詳しく纏め上げてくれています。

料理王国 2007年 07月号 [雑誌]


料理王国編集長の土田美登世さんに心から拍手を贈るとともに、
同業者に留まらず、
フレンチ愛好家の皆々さま方にも、
是非とも目を通して頂きたいものと切に願うものです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。