※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
松輪のさばでサバ・ビヤ〜ン♪
昨日築地魚河岸にて
“叩き売り価格”でゲットしてきた“ブランドもの”は
先の記事の『媛っ子アジ』だけではない。。。

何をかくそう、
西の『関サバ』と並び称される、
東の『松輪サバ』も手に入れてきたのだ。
クリックすると別窓で大きく表示されます
※↑『松輪サバ』:いくらで仕入れたかは言えません(笑)。

その『松輪のサバ』の細かい薀蓄は
みうら漁業協同組合松輪支所の公式サイト内の
サバの最高級品!松輪のサバをご覧いただくとして、
リリアルでの調理過程をご覧あれ〜☆

・サバを三枚に卸し。。。
・皮面に精製塩を振りかけ。。。
クリックすると別窓で大きく表示されます

・裏返してマルドン・クリスタルシーソルトを振り一夜干しに。。。
クリックすると別窓で大きく表示されます

・明くる日、腹骨を除き中骨を抜き。。。
・用意するものは“エストラゴン風味のワイン・ヴィネガー”。。。
 クリックすると別窓で大きく表示されます

・エストラゴン風味のワイン・ビネガーに同割りの水を加えたものに
 片面15分ずつ漬け込み。。。
クリックすると別窓で大きく表示されます
※↑皮面の金色が『黄金サバ』と呼ばれる証。

・キッチンペーパーで水気を除き。。。
・薄皮を剥いて出来上がり〜☆
クリックすると別窓で大きく表示されます
※↑この鮮度&脂ののりが伝わりますかぁ〜!

・半日ぐらい冷蔵庫内で寝かせたほうが
 味も馴染んで旨いんだが。。。
・待ってられませぇ〜ん!
クリックすると別窓で大きく表示されます
※↑名付けて
 “エストラゴン・ビネガーで〆た『松輪サバ』のア・ラ・クレーム、
 香草風味”なり〜♪

「“秋サバ”は嫁に食わすな!」

なんて意地の悪いこと言う前に、
“お盆明け”の『松輪サバ』で満悦至極〜☆
でございました。。。(^^)

※画像をクリックすると別窓で大きく表示されます。
 


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。