※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
モスソガイ
築地魚河岸にて。。。

ボク:目「コレ、なんていう貝でしたっけぇ?」

社長:がく〜(落胆した顔)「ん?コレ??」
    ふらふら「正式な名前わかんねぇんだよ。。。」
    わーい(嬉しい顔)「俺たちゃ“アワビツブ”って呼んでんだけどね」

。。。ってなカンジで、
築地市場ではほとんど“本名”を知られていない、
お気の毒ー★な貝が↓のモスソガイ。
mosusogai1.jpg

それだけではない。
そのテイスティなポテンシャルからクオリティの高さに至るまで、
全くと言ってよいほど認識されておらず、
築地ではタマにしか見かけないにもかかわらず、
破格値(幸運なことに?)で叩き売りされているのが現状。

ところがドッコイ♪
ちゃんとフレンチテイストに茹で上げれば、
mosusogai3.jpg
その歯ごたえ&味わいの素晴らしさたるや、
白バイや磯ツブ、更にはシッタカ(←全て正式名称にあらず)なんぞ
物の数ではない。

。。。とは言え、
泥んこだらけ★粘膜だらけー★★で、
mosusogai2.jpg

いい気になって大量に仕入れてしまうと、
下処理が大変ー★★★で、
料理人泣かせな貝なのである。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。