※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
晩秋から冬の食材/マダラ/真鱈
クリックすると別窓で大きく表示されます
「ウゥゥゥ。。。」

クリックすると別窓で大きく表示されます

「ワン♪」

。。。(・_・;

クリックすると別窓で大きく表示されます
。。。って、
な〜んだ、
タラかよぉ〜★

タラ(真鱈・マダラ)の旬は、
漢字で魚偏に雪と書くように。。。

とか、
言われているようですが、
鱈と書くようになったのは、
火を入れたときの身の白さが、
まるで雪のようだから。。。

ってのが正論だと思うんですがねぇ。。。

フランスでも、
フレッシュのものはカビヨー(Cabillaud)、
塩漬け、
或いは干したものは
モリュー(Morue)と呼ばれ、
最も大衆的に親しまれている魚のひとつでありながら、
高級レストランでも使われることもある、
マルチ・タレント的なお魚で、
どう調理しても、
とってもおいしい☆

とは言え、
『鱈ちり』にした、
白子や、
アン肝のように肥大した肝の味を知ってしまうと、
日本人に生まれてよかったぁ〜☆
って思いますね♪


この記事へのコメント
タラってかわいい顔してるんですねえ。
塩漬けおいしそう。
でもでも白子も好物です♪アン肝もいいですねえ。じゅるー
by gon at '05/10/29 09:23
gon-chanこんばんはー☆

>タラってかわいい顔してるんですねえ。

はい、
ワンちゃんみたいでしょ♪
。。。ってちょっと違うか?(^^;)

>塩漬けおいしそう。

はい、
リリアルでも自家製塩漬けなんかに。。。

白子をムニエルにしたりなんかしても旨いんですよー☆
by 齋藤 at '05/10/29 23:08
ユニークで勉強にもなる魚の顔シリーズ、
今後も続けてくださいね。
by Pっちゃん at '05/11/01 20:51
Pっちゃんさん、こんばんは。

>ユニークで勉強にもなる魚の顔シリーズ、

そんなこと言われると、
はじけてしまいそうな予感&悪寒(^_^ゞ
by 齋藤 at '05/11/02 01:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。