※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
若返り
大阪の調理師学校に通っていたころ、
かに道楽でバイトしていた。

かつら剥きが上手になりたくて、
黒門市場で大根を何本買ったか知れない。。。

オムレツが焼けるようになるために、
何ケースの卵をつぶしたことか。。。

フランスでも同じこと。
フォアグラを自在に操れるようになるまで、
いったい何個のフォアグラを処理し、
そして調理したんだろう。。。

そこまで執念深く、
物事に取り組めたのも若さゆえか?

いやいや、
どうしてどうして。。。

(((((上段回し蹴り)))))

の呪文が頭から離れない。

腰のひねり、
膝のかかえ、
軸足のかかとの返し、
そのどれをとっても肢体が作り成す芸術そのものだ!
しかもそれは“一撃必殺”であるほど美しい!!

ロダンが極真空手を知っていたなら、
必ずや創作意欲に駆られ、
作品として残していたに違いない。

ボクはひたすら、
華麗なる『上段回し蹴り』を夢見て、
恍惚の世界を彷徨い続ける。。。


この記事へのコメント
上段廻し蹴りを上手蹴ろうと思って、ストレッチをするのも効果的なのですが、筋力をつけるのも大事なことです。

多くの人が硬いから上がらない…と思い込んでしまうのですが、実は自分の脚を上げる筋力が弱い場合もあります。
成人男性なら、片足だけで20キロ近くあるのではないでしょうか。

20キロの自分の脚と同じ長さの丸太を相手の顔の高さに振り回す様子を想像してみて下さい。
かなりの筋力が必要となります。

脚を引き上げるのに大事な筋肉は臍の下の腹筋です。丹田の前です。

以前、道場で教えたベンチ台を用いた脚上げ腹筋を続けて下さい。
必ず蹴れるようになります。

工夫すれば、どこでも出来ます。

トレーニングは工夫が大事です☆
料理もですよね♪
by nesta at '05/11/12 11:14
nesta先生、こんばんは。

ご丁寧なアドバイス、
とても勉強になります。
筋肉の仕組みって凄いですね。

いわゆる、
恍惚の世界を彷徨い続ける暇があったら、
腹筋せぇ!
ってことですね(;^_^A

>トレーニングは工夫が大事です☆
>料理もですよね♪

そうですね。
その試行錯誤が空手への架け橋になったものと思います。
by 齋藤 at '05/11/13 01:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。