※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
男尊女卑な真鱈の世界
えへへ。。。
また築地魚河岸で得しちゃいましたー☆

私:「ねぇ、このタラいくらぁ?」

社長:「あぁ、それ?」
    「×××でいいよ♪」

私:「じゃあ、もーらい☆」
  
社長:「!!!」
    「やべ!」
    「これオスだったんだよー★」

私:(ウシシ。。。)
   (今頃そんなこと言ったって、後の祭りだべぇ☆)

ってなイキサツで、
オスの真鱈をメスの真鱈の価格(それ以下かも?)でゲットー♪
クリックすると別窓で大きく表示されます
※ちょっとグロいので、白子はちょっとだけね♪

そうなんです。
真鱈のオスと言うのは、
たぁ〜っぷりの“白子”を孕んでるがゆえに、
メスよりもかなり高値で取引される、
ってワケなんです。

“白子”は、
それ単品だけでも、
パック詰めされて売られていますが、
とりわけ国産モノの真鱈の白子は、
目が飛び出るほどの高値が付くこともしばしば。

メスだって、
卵巣を抱えているんだけど、
真鱈の卵巣は“タラコ”にあらず。
(注:タラコはスケソウダラの卵巣)
真子(真鱈の卵巣)だって、
タラコに負けないほど美味いのに、
その真価を認められるには至らず。

さらには、
その身の風味さえ、
オスのそれに劣る、
とまで言い出す輩まで現れる始末。
(↑私には納得できませんけどね)

メスばかりが重宝がられるアンコウに比べ、
雲泥の差★

これじゃあ、
あまりにもメスの真鱈が不憫で、不憫で、ククク。。。(ノ_;)

。。。って、
ナニが言いたかったんだっけ?

そうそう、
『白子』
はリリアルでは、
ムニエルにしてサラダ仕立て、
すり身にしてフラン(菓子)仕立てなどで、
Comming soon!
ってことで、ひとつ。。。


この記事へのコメント
白子・・・(←このコトバを口にするだけで、もうすでに涙ぐんでいる)大好物です。フランスでは見たことがないんですが、探せばあるんでしょうか?フランスの魚屋さんはこの部分を捨てちゃうのかな??なんて思ってました。

ところで下の記事。
「守、破、離」で感動していましたが(毎日思い出しては心の中で唱えています!)、下の記事にもまた学ばせてもらいました。精神は熟しても老いることなく!素敵です(ハート)。

そして上の記事。
テ、テ、テイクアウトしたいで〜す。。。海外発送してますか〜
by クレラン at '05/11/14 21:51
クレランさん、こんばんはー☆

アンコウもそうなんですが、
南仏では
港の漁師さんが直接運んでくるものさえ、
頭&内臓は除いたものだったので、
ひょっとしたら、
船の上で捌いてしまうのかも知れませんね。
日本人的には全くもって勿体ない話です。

>精神は熟しても

まだまだ“青い”かも。。。(^。^;)

>素敵です(ハート)。

いやぁ(^^ゞ
ドキドキ〜♪

>海外発送してますか〜

宅急便はフランスOKですが、
クール便ってのは、
どうなんですかね?(;^_^A

by 齋藤 at '05/11/16 02:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。