※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
雉/キジの記事
キジpart1
↑の写真はカブトムシのサナギではありません!
(。。。って、誰でもわかるか?)

中でひたすら孵化の時を待つのは。。。

そう、
我が故郷仙台は伊達政宗公の居城で知られる、
青葉山でもよく見かけた(今でも生息するであろうか?)
雉(キジ)であります。↓
キジpart2

この雉、
桃太郎などにも登場している
(雉が鬼退治に有用であったかどうかについてはチョ〜疑問。。。:笑)
ところをみると
日本人にとって最も馴染みの深い
野鳥(“ジビエ”)のひとつとは思いますが、
「雉って美味しいよね〜♪」というイメージを抱かれているかたは、
あまりいらっしゃらないでしょうね〜。。。

それは雉が、
鶏や鴨に比べて脂分が少なく、
しっとり感や旨味を感じにくい素材であるが故、
と思われますが、
フランス料理においては
<フザンデ(←“雉を熟成させる”から来たフランス語)>
という処理を行い、
多くの場合、
何かに包んで調理するため、
極めて味わい深く、
しっとりと仕上がる訳であります。

いい香りがしてきませんか〜?☆☆☆


この記事へのコメント
上の画像、巨大クロワッサン・オ・ザマンドかと。(^-^;)

雉、山で見かけることはあります。
さすがに自分で網取りとかはしません。
銃も持ってませんよ。
いくらジビエ好きだからといって・・・。

そうですよねぇ、確かに雉って淡白なイメージが。
昨シーズンは五本木で頂きました。
でも、画像のフェザンが美味しそう〜!!!
by サッカロミセス セルビシエ at '04/11/02 01:02
>上の画像、巨大クロワッサン・オ・ザマンドかと。(^-^;)

 ん〜、惜しい。。。(←大うそ:笑)

>雉、山で見かけることはあります。
>さすがに自分で網取りとかはしません。
>銃も持ってませんよ。
>いくらジビエ好きだからといって・・・。

 ナニをおっしゃいますやら。。。
 サッカロミセス セルビシエさんの美貌の前では、さすがの雉も“イ・チ・コ・ロ”じゃ〜ございませんこと?

>でも、画像のフェザンが美味しそう〜!!!

 要予約で〜っす♪ うふっ〜☆
 
by 齋藤 at '04/11/02 14:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。