※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
不動前で食い倒れ。。。
昨日のお休みは無性に蕎麦が食べたくなり、
思わず今は亡き“一茶庵”を偲んでしまったが、
今更どうあがいても帰ってくるものでもなし、
気持ちを切り替えて
向かった先は目黒不動前商店街にある“不動前やぶ”。
目黒不動前やぶ

ココのお蕎麦、
一頃人づてに聞いた話によると
“目黒不動尊境内の湧き水で打っているから旨い”
とのことだったのだが、その真偽のほどは未だ確かめるに至らず。
そこで“今日こそは!”と思い勇んで出かけたのであった。

午後零時過ぎ、
店頭の目黒不動尊・仁王門前から続く道路は殆んど人通りも無く、
ひっそり閑としているにも関わらず店の引き戸を開けると、
その小さな店内はほぼ満席。

しかも客は全員男性(大汗)という過酷な条件のもと、
勇気を振り絞りカウンター席を陣取り、
気合一番“天ざる”を注文。

さて、
と店主に話しかけるタイミングを見計らってみたものの、
如何せんこの爺さん隙が無い。。。
というか、
そのイカツイ顔つきが恐くてとても話しかけられたものではない。

ん〜。。。
こんなことでは男がすたる★
とばかり熱い視線を送ってみたが
目と目が合ってしまい思わず固まってしまう始末。。。
やっぱりコワイ。

。。。とは言ってみたものの、
その強面な風貌とは裏腹に、
彼の生一本な性格と人の良さが十分に伝わってくる仕事振りと、
その蕎麦の喉越しなのである。

(もっと暇そうな時間帯に出直してこよう〜!)
と自分自身を納得させ、
お勘定を済ませ店を出ようとした刹那、

「ありがとうございました〜☆」

と爺さんニッコリ♪

(なんだ、やっぱりイイ爺さんなんじゃん♪)

と晴れやかな気持ちで店を出る。

。。。って、
いったい私は何度同じことを繰り返せば気が済むのだろう。。。(苦笑)

※追記
 その後、
 調子に乗った私は
 ソバ屋をもう一軒(海老民)ハシゴしてしまい、
 一日中胸焼けに苛まれることに。。。(泣)
目黒不動前海老民

※不動前 やぶ
  住所:目黒区下目黒3-13-10
  TEL:03-3712-8454
  URL:http://fudou.net/yabusoba.htm


大鳥神社/酉の市
今日は酉の市(一の酉)でした。。。

<酉の市>というと浅草の方が有名なのかな?

酉の市
 ↑  ↑  ↑  ↑ ココ目黒の大鳥神社も、
江戸時代から酉の市を行なっているらしいが、
最近の不況の為か人出は年々減少気味のようで、
お好み焼き屋台のオバサン(←失礼!)も愚痴を漏らしていた。。。

だいたいが、
私など“オオトリ”と聞いて真っ先に思い浮かべるのは
今は亡き“鳳啓介師匠”。。。

「エッ♪オ〜トリケ〜スケでゴザイヤス☆」とおどけて見せ、
“エロ河童”と京唄子師匠にコケにされながらも
照れ笑いを浮かべる師匠の姿は今でもくっきりと瞼に浮かぶ。
 
。。。師匠のアノ姿こそ<サービスの原点>

。。。と思うのは私だけか?。。。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。