※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
蘇るサン・テグジュペリ
先の記事に書いた、
サン・テグジュペリ失踪の謎を解く鍵となる可能性が少なくない筈の
“銀のブレスレット”、
並びに最期の搭乗機“P-38ライトニングの残骸”の発見から
“フランス当局の公式発表”
(“銀のブレスレット”に関しては未だに公式発表なし)
までに紆余曲折を経て、
何年もの年月を無駄に費やさなければならなかったのには
政治的圧力が働いたとの見方もあるようだ。

元来ひと一倍の平和主義者である彼は、
ナチス・ドイツ占領下のフランス国民が、
親独な“ヴィシー体制”と
ド・ゴール将軍率いる反独レジスタンス“自由フランス”とに分かれ、
互いにいがみ合うことに心痛する。

ところが、
警鐘を鳴らしながらも結局どちら側にも味方するわけには行かず、
遂にド・ゴール将軍(後の仏大統領)から憎悪されるに至ってしまう。

他にも様々な要因が重なったのであろうが、
追われるように祖国を離れ、
救援を乞うかの如く米国に亡命した彼の苦悩は計り知れない。

それでも祖国で苦しむ仲間の為に何かしなければ、
という焦燥感にも似たやむにやまれぬ祖国愛が、
空飛ぶ文聖:サン・テグジュペリに再びペンを取らせることになり、
『星の王子さま』が誕生した。。。

その作品が
多くの謎かけをちりばめて書かれた“大人のための童話”
と言われる所以は以上のような経緯にある。

その生まれたての書下ろしを携えて
愛国心覚めやらぬ彼は戦線への復帰を望むが、
ド・ゴール将軍にはどうしても受け入れられず、
やっとの事でその願いを叶えてくれたのは連合軍(米国)だった。。。 

この当時からのフランス軍当局との複雑な“しがらみ”が、
祖国愛の化身とも言えるサン・テグジュぺリの
搭乗機の調査&公表を阻んだのだとすれば何とも皮肉な話である。

そのマルセイユ沖で発見されたP-38ライトニング機が
間違いなく彼の搭乗機であったと確認され、
墜落した海域が特定されたというニュースは
横山三四郎氏(eブックランド 代表取締役社長)の尽力により
2004年3月下旬、
世界に先駆けて東京から発せられた。

フランスで当局が正式発表に踏み切ったのは
その二週間後(2004年4月7日)である。

『星の王子さま』は日本で累計500万部が発行され、
未だに年間10万部が売れている。
更に箱根の『星の王子さまミュージアム』も
TBSがその経営を引き継いで以来盛況ぶりを見せていると聞く。
 
しかも、
2004年搭乗機発見云々のニュースさえも
世界に先んじて日本から発せられたとなれば、
我々日本人とサン・テグジュペリは
並々ならぬ“縁”で結ばれているような気がしてくる。

60年の時を経て彼は我々に何を訴えたいのか?
 
気が付けば最近の韓国や中国の反日感情の昂りは尋常ではない。
今こそ改めて我々“おとな”が『星の王子さま』に隠された
“平和主義な空飛ぶ文聖”の
“謎かけ”に耳を傾ける時ではないのだろうか?

※サン・テグジュペリ&「星の王子さま」ファンのアナタなら
  横山三四郎氏の『赤いバラと銀の腕輪』
  (『星の王子さま』の作者サン=テグジュペリ搭乗機の奇跡の発見物語)
  は必読です。
  eブックランドのホームページ、
  “e-Book登竜門A”から無料でダウンロード可。
心に響くサン・テグジュペリの名言
“星の王子さま”の、
心でみなくちゃ、ものごとはよくみえないってことさ。かんじんなことは、目に見えないんだよ。:On ne voit bien qu'avec le coeur. L'essentiel est invisible pour les yeux.

を始め数々の名言を残したサン・テグジュペリ。
星の王子さま―オリジナル版


彼はこうも言っている。。。
重要なことは近づいて来るんじゃないんだ。向かって行くんだよ。:Ce qui importe, ce n'est pas d'arriver, mais d'aller vers。。。

だからって、
マルセイユの沖合にP38ライトニングもろとも突っ込まなくたっていいじゃないのさ。。。(涙)
サン・テグジュペリを偲ぶ。。。
フランクリンミント P38ライトニングJACK 48分1

「サン・テグジュペリのP38ライトニング遂に発見!」

のビッグニュースが
フランスのマスコミに報じられて(2004年4月7日)から
間もなく一年になろうとしている。

このフランス人にとっては
国民的ヒーローであるサン・テグジュペリと最期を共にした
ロッキードP38ライトニング発見劇が一応の結末を迎えるまでには、
勝手な憶測なども飛び交い紆余曲折あったようだ。

LE LIGHTNING DE ST EX RETROUVE ! écrit par Mr Ph. Jung (3ème édition).

そもそも、
1998年に“マルセイユ”の漁船がサンテックスと
愛妻(?)コンスエロの名が刻まれたブレスレットを発見した、
というニュースが報じられた時点で、
眉に唾つける人も少なくなかった。

それはフランス人にとって
「マルセイユエ(マルセイユっ子)」という言葉には
特別な意味合いが含まれているからでもある。

マルセイユっ子は気性も明るく好感的なのは良いのだが、
釣った魚が“小物”でも、
さも“クジラ”でも引き揚げたかのように
“大袈裟”に両の手を広げながら自慢話をする、
というイメージが定着しているらしく、
フランスでは
「マルセイユっ子」=「大ボラ吹き」(愛嬌を込めてではあるが)
の方程式が成り立っているのだ。

これがニース辺りの話だったら、
これほど懐疑的な目で見られることもなかったかも知れない。。。(笑)  
   
ポルコ・ロッソとサン・テグジュペリ
初めて宮崎駿監督の『紅の豚』を見た時、
何故かサン・テグジュペリの幻影が私の頭を過ぎった。

。。。それは決して晩年のサンテックス(←サン・テグジュペリの愛称)が
“ブ●顔↓”だからではない(笑;)。


私が“地中海沿い”にあたる南仏コート・ダジュールでの
生活が長かったため(←決して自慢ではありません)、
『紅の豚(ポルコ・ロッソ)』
     ↓
『“地中海”の飛行機野郎』
     ↓
『その最期はコルシカ島から飛び立ち、
  “地中海”に散ったとされる“サン・テグジュペリ』

。。。と、
その時代背景を超越して、
即座に頭の中で結び付いたのだろう。。

加えて、
私がサンテックスの伝記的テレビ映画
「星空への帰還:Saint-Exupéry:La Dernière Mission」
を観ていたことも手伝ったのかもしれない。

後で聞いた話だが、
宮崎駿監督も若い時分からサン・テグジュペリの著作を愛読し、
空への憧れを抱いていた
(ナウシカの“パンチラ”も空への憧れからきたのかな?)
とか。。。

ひょっとして宮崎駿監督と以心伝心???
私も“オ●ジ”から“ジ●イ”の領域へ突入か〜?★

※追記:
  その「星空への帰還:Saint-Exupéry:La Dernière Mission」をお薦めしようと、
  Amazonにアクセスしてみたが、
  在庫もなければ画像もない★
  以前一の橋のレンタルビデオ屋で一度見かけたので
  TSUTAYAなら在庫してるかもしれません。
  「星の王子さま」&サン・テグジュペリのファンの方には
  オススメしたい作品です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。