※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
岡本太郎&敏子は生きている
冥福を祈りながらも、
天に昇ろうとする御霊を引き戻さんとばかりに、
どうしてもまた岡本敏子さんのことを思い出してしまう。

一回目のリリアル来店時、

「太郎はね、これからよ!」

をしきりに敏子さんは連発していた。
 
思えば、
この時以来彼女は更に精力的な執筆活動を手掛け、
様々な著作を通して
岡本太郎という人物を我々に語り続けるという行為は、
エッセイだけに留まらず小説『奇跡』にまで及んだ。
奇跡

敏子さんは、

「岡本太郎は死んでない」

と言う。

更に

「太郎は生きている」

とまで言う。

そんな“かたりべ”の敏子さんが居ればこそ、
僕らもその気になってきたものだ。

そして敏子さん亡き後、
彼女の著作が我々に暗示をかけ続ける。。。

「岡本太郎と岡本敏子は死んでない」
「岡本太郎と岡本敏子は生きている」
 


岡本敏子さん!太郎さんによろしく♪
「岡本敏子さんが20日、
 東京南青山の自宅浴室で心不全のため死去」


のニュースは私にとって全く寝耳に水な話しであった。。。

何故なら、
敏子さんにはリリアルに二度ほど足を運んでいただき、
その大正15年生まれとは全く信じられぬ若々しさと、
豪快とも言えるワインの飲みっぷりを見せ付けられていたからだ。
 
何を隠そう、
ラ・フィーユ・リリアル、イメージ・カラーの“赤”は
“南仏の太陽”の“赤”であると同時に
岡本太郎が少年時代から好きだったという赤、
即ち“岡本太郎レッド”なのである。

更に、
ラ・フィーユ・リリアル、オープン前の2000年冬〜2001年春にかけては、
敏子さんが書いた著書の中の岡本太郎の言葉に深い感銘を受け、
仕事に対する情熱さえも分けて頂いたようなもので、
生前彼が愛したという縄文の地、
諏訪にまで足を運び、
地元の小料理屋のおばさんと太郎談義に花を咲かせもしたものだ。

そんなことまで包み隠さず敏子さんにお話させて頂いたところ、
すこぶる上機嫌になられ、
ワインのアルコールも手伝ってか、
身振り手振りも交えて饒舌気味に話されるその姿は、
正に岡本太郎そのものであった。
&Me

敏子さん、

諏訪の御柱にまたがって、

「死んでなにが悪い? 祭りだろ!」

と駄々を捏ねる“やんちゃ”な太郎さんと、
いよいよ再会ですね!

天上より、ラ・フィーユ・リリアルの今後の成長をお見守りください。。。
 
合掌

※岡本敏子:
 1926(大正15)年生まれ。東京女子大学卒。
 1948年ごろ岡本太郎と出会い、秘書として同氏を支え、
 のちに養女になる。岡本太郎の“妻”と言うよりも
 “人生の良きパートナー”的存在。
 太郎の死後、1997年岡本太郎記念現代芸術振興財団理事長
 に就任、岡本太郎記念館の運営にあたる。
 著書に「岡本太郎に乾杯」、「岡本太郎が、いる」など。

こどもの日は今でも子供の日なのか?
何日か前に
ゴールデンウィーク云々についての記事を書いたが、
よくよく考えてみればゴールデンウィークが
今日のように大型連休と化したのは、
それ程むかしの話ではない。

「国民の祝日に関する法律」によれば、
<「国民の祝日」が日曜日にあたるときは、その翌日を休日とする>
と、月曜日の振り替え休日化の施行が昭和48年4月12日。
<その前日及び翌日が「国民の祝日」である日は、休日とする>
即ち、5月4日が休日となったのは昭和60年12月27日。

更に、大企業の完全週休二日制導入率が50%を超えたのが昭和60年。
そして、平成1年には銀行が土曜日の窓口を中止。
国家公務員に完全週休二日制が適用されたのは平成4年のことである。

つまり、
連休の大型化が見られるようになったのは、
およそ昭和60年以降ということになる。

それまでは
“飛び石連休”という言葉の方が多用されていたのではなかっただろうか。

このゴールデンウィークの大型化に伴い、
「屋根より高い鯉のぼり」がビルの谷間に消えていったように、
今日では「こどもの日」が蔑ろにされているように私には思えてならない。

そもそも、
その「屋根よ〜り〜た〜か〜い♪こいの〜ぼ〜り〜♪」の歌にしても、
神戸新聞2001年6月22日の記事によれば、
「大きな真鯉」は「お父さん」ではなく、
実は「こども」だった、
と言うではないか。。。
江戸町民に始まった鯉のぼりの伝統やいずこ。。。

石原さん!
東京タワーのテッペンに
「大きな真鯉」でも泳がせる風情が欲しいモンですなぁ〜☆
ゴールデン・ゴールデンウィーク
 ウカウカしていたら四月も既に中旬。
 そう、ゴールデンウィークが目と鼻の先までやって来ているではありませんか〜!!

 縁起の良い(?)モノには何でも金を付けたがるのは洋の東西を問わないのか?
 フランスはカンヌ映画祭の「パルム・ドール(金のシュロの木)」を始め、「クレ・ドール(金の鍵)」「リオン・ドール(金のライオン)」「ビユ・ドール(金の●マ。。。←さすがにコレは大ウソ!:笑)」と、いわゆる何かを賞する時に使われることが多いようだ。

 日本に目を向ければ、将来有望とされる貴重な人材などを指す「金の卵」を始め、「金の鯱(しゃちほこ:コレは意味が違うか?:笑)」「金のつぶ(おっと★コレは納豆だ!)」など、限定しない各方面で金やゴールデンが使われている。

 はなしを「ゴールデンウィーク」に戻そう。
 その語源&起源は諸説紛々、答えは永遠の謎と化した状況ではあるが、先ず、正月やお盆並み、あるいはそれ以上の興行も期待できるこの時期に映画業界の松山ナニガシ氏が打ち出したキャッチコピーとする説が最も有力らしい。。。
 その他、ラジオのゴールデンタイムをパクった。ロッキー山脈の雪解け水から砂金が出る時期。マルコポーロが日本を訪れたのが5月初旬とのことから「黄金の国ジパング」にちなんで。
 。。。と、もう勝手にして〜♪状態。

 ただこれから益々高齢化に拍車が掛かればどの観光地に行っても御老人だらけとなり「シルバーウィーク」になってしまうことは明白。。。な訳ないか?
 
ライブドアなレストラン
 なんだかんだ言っても株式会社ライブドア代表取締役社長:ホリエモンに学ぶところ少なからず。。。

 一頃は、
 「あの〜、●anako見て来たんですが。。。」
 「●Zmagazine見ましたよ!」
 「●理王国に載ってましたね〜☆」
 「●門料理買いましたよ♪」
 。。。とかいうお客様が多かった。。。

 それが今では、
 「ホームページ見て電話してるんですが。。。」
 「Blog見ましたよ♪」
 云々。。。といったお客様が圧・倒・的・多・数を占めるに至っている。

 これは、オンデマンドニッチ戦略的な、即ち“ライブドアなレストラン”を目指すしかないか〜☆(笑。。。って笑ってられない話かも?)
弥生三月
 さて、いよいよ明日は弥生三月のメイン・イベント、雛祭り。。。まで書いて、ハタと気が付いた。
 
 なんで3月だけ旧暦月名の“弥生”と“三月”をよく“弥生三月”と繋げて用いたりするのだろう?
 “卯月四月”とか、“皐月五月”とか言うか〜???
 語呂合わせが良いという意味合いも多分にあるのだろうが、これでは余りにも三月を“えこひいき”し過ぎではないだろうか?

 ひたすら耐え忍び、身を縮めて過ごした厳しい寒さも過ぎ去り、“弥生”の意味するが如くの“いよいよ生い茂る”春に希望を膨らませ、気が付けば「“弥生三月”だな〜♪」。。。と呟いてしまっているのであろうか?

 ん〜。。。謎を解明出来ぬまま、雛祭りの話題どころではなくなってしまった(苦笑)。。。
「ホリエモン」一色!
 今日も朝からテレビを点ければ「ホリエモン」一色。
 フジテレビVSライブドアの勝敗は、司法に委ねるより方法は無いにしても、これだけ大衆の視聴覚に纏わりつけば、大局的&戦略的には「ホリエモン」の大勝利といったところではないだろうか?
 しかも堀江貴文という立派な名前がありながら、各界の重鎮にまで「ホリエモン」と愛称で呼ばせてしまうところなんぞは彼の人柄が成せる技だろう。

 今更パソコンをいじる気にもなれない“御老体”には、「ホリエモン♪」と呼ばせるだけで十分、と言えるのかもしれない。。。

 その“ホリエモン騒動”の影に隠れてしまった感があるが、「皇太子殿下のお誕生日に際しての記者会見」に多くの国民が感銘を受けたようだ。
 それは当会見で殿下が読み上げた詩の一節(子供を持たず、自らを“おこちゃま”と自覚する身においては、敢えてコメントを差し控えさせていただきます:苦笑)。

 子ども

 批判ばかりされた子どもは
 非難することをおぼえる

 殴られて大きくなった子どもは
 力にたよることをおぼえる

 笑いものにされた子どもは
 ものを言わずにいることをおぼえる

 皮肉にさらされた子どもは
 鈍い良心のもちぬしとなる

 しかし、激励をうけた子どもは
 自信をおぼえる

 寛容にであった子どもは
 忍耐をおぼえる

 賞賛をうけた子どもは
 評価することをおぼえる

 フェアプレーを経験した子どもは
 公正をおぼえる

 友情を知る子どもは
 親切をおぼえる

 安心を経験した子どもは
 信頼をおぼえる

 可愛がられ抱きしめられた子どもは
 世界中の愛情を感じとることをおぼえる

 あなた自身の社会―スウェーデンの中学教科書
 あなた自身の社会―スウェーデンの中学教科書


 
livedoor:堀江貴文社長
 今日は早朝からホリエモンことlivedoor:堀江貴文社長がブラウン管を賑わせていたが、氏が訴えるところの放送業界とインターネット業界の融合は、取りも直さず放送業界の“文明開化”を意味するであろうことは、日々パソコンを身体の一部のごとく操る現代人ならだれしも薄々感じ始めている事実なのではあるまいか。

 「ヤッタ者(もん)勝ち」が常識と化した飲食業界に多少の疑問を覚えながらも長年どっぷりと嵌り、昨年はその堀江氏が“いの一番”にプロ野球新球団誕生の地として大きな夢をもたらしたにも関わらず失脚を余儀なくされた“因縁の仙台”出身の私としては、基本的にはニュートラルな立場に身を置きながらもエールを送りたい気持ちは隠せない。

 今回における一連の騒動の末路は、私ごとき一介の料理人風情には知る由などないが、少なくとも「株式の構造」「インターネットの将来」「既存の放送業界への憂い」などに対して一石を投じた功績は大きい。

 一筋縄では行くまいが、近い将来、堀江社長がブロードバンド時代のビッグウェーブに見事☆テイクオフする瞬間を正直楽しみにしないでもない。
歓送迎会とは
来月(3月)の主要イベントと言えば雛祭りぐらいか、
と思っていたが肝心なことを忘れていたようだ。
そう。。。
歓送迎会シーズン到来なのである。
 
とは言え、
ここで一つの疑問が生まれてしまった。

『歓送迎会』とは
何時何処で生まれた言葉なのであろう?

恥ずかしながら私メ、
今日のきょうまで『歓送迎会』という言葉は
『歓迎会』と『送迎会』を繋げた造語であろうと思っていた。

がしかし、
本日『送迎』と『歓迎』を別々に“goo辞書”で引いてみて、
改めて己の教養の無さに唖然としてしまった。

というのも、
その“goo 辞書"によれば、
『送迎』は
<行く人を送り、来る人を迎えること。送ったり迎えたりすること。>
とあり、
『歓迎』は
<喜んで迎えること。>
と出る。

となると、
私の今までの考えで『歓送迎会』を解釈すれば
「喜んで迎える会」と「行く人を送り、来る人を迎える会」とを
繋げた造語ということになり、
それでは『送迎会』だけでも
『歓送迎会』と意味は殆んど同じではないか?
ということになってしまう。。。

しかし、
天は私を見捨てはしなかった。
goo辞書による『歓迎』の検索結果のページで、
対義語として『歓送』という言葉を発見! 
してその意味はというと、
<〔『歓迎』の対語として作られた語〕出発する人を励まし、
 温かく見送ること。>
とあるではないか。

即ち『歓送迎会』とは
『歓送会』と『歓迎会』とを繋げた造語だったのだ!
きょうはまた一つ賢くなってしまった。

※追記
やはり、
Google&Yahoo!で検索してみる限りにおいては、
私と同じように間違った解釈をしておられるかたがたが
か・な・りおられるようだ。

特に、
『送迎会』を『送別会』、
並びに『歓送会』の意味と混同している例が数多く見受けられる。

しかも、
それは一般のかたがたにとどまらず、
『歓送迎会』のプランを打ち立てる、
ホテルや宴会場にまで波及しているようなのでオモシロイ。

これはひとつ、
「問題な日本語」に投稿してみる価値がありそうだ☆
問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?
桃の節句/雛祭り閑話
ヴァレンタインデーも過ぎ、
次のビッグ・イベントは?
と言えば3月3日の桃の節句、
いわゆる雛祭りであろうが、

「あかりをつけましょボンボリに〜♪」

の、この唄をフル・コーラスで歌えるかたは、
そうおられないのではなかろうか?

ばかりか、
歌詞は全部で四番まであるとか、
題名は<うれしいひな祭り>だとかさえ
知らない方も少なくないことと思う。

この<うれしいひな祭り>の詞は、
今NHK月曜ドラマシリーズで連続放映されている
<ハチロー 母の詩 父の詩>の主人公であるサトウハチローその人が
山野三郎というペン・ネームで書いたものだ。

ドラマの原作にもなっている「血脈」は
氏の実妹である佐藤愛子女史の赤裸々な告白的書き下ろしだが、
今年はそんな佐藤家の血縁に思いを馳せながら、
<うれしいひな祭り>をフルコーラスで歌わせて頂くとしよう。。。

血脈 (上)
佐藤 愛子

不敵雑記―たしなみなし 血脈 (中) 血脈 (下) メジロの来る庭 追憶の作家たち

by G-Tools



 
2月14日(月曜日)、リリアルは定休日なのです。
 私の記憶が正しければ、何処の調査かは定かではないが、ヴァレンタインデーの本命チョコの平均価格は3,000円台とのこと。
 ビックリ♪するのが自分で楽しむ為に買うショコラの平均価格も殆ど変わらないとか。。。
 そして義理チョコの平均が600円台で6個ぐらい買うらしい。
 
 ザッ♪っと計算してみれば、
 <本命チョコ:3,000円+自分用チョコ:3,000円+義理チョコ:600円×6=9,600円>
 ということになり、皆さんヴァレンタインデーに向けて平均で10,000円ほど使うことになる。

 幸運な男性諸氏&自ずから楽しんでしまおうというご婦人方は、普段めったにお目にかかれない、ちょっと贅沢で美味しいチョコを満喫されることと思うが、それ以上にショコラティエ&洋菓子業界にとっては実にオイシイ話である。

 余談ながら、更にオイシイ思いをするのが、意中の女のコから図らずも告白を受けたラッキー・ボーイであり、極めつけと言えば、何気なしに贈った義理チョコをマに受けた勘違いオ●ジから、お返しにと3月14日のホワイト・デーにフレンチ・レストランに連れて行ってもらうラッキー・ガールではなかろうか。。。(更に度が過ぎた勘違いにはご用心:笑)

 3月14日も月曜日だか、営業した方が良いかも。。。

 ヴァレンタイン・ショコラ
  ↑   ↑   ↑   ↑
 目黒の勘違いオ●ジも、お客様からいただいたチョコを半ば自慢気にUp〜☆
バレンタイン・デー
 つい先日2005年が明けたばかりと油断していたら、ナント!一月も終わろうとしている。
 今更、時の流れの早さを語るつもりはないが、もう直ぐ2月となると気になることがひとつ。

 そう、私はバレンタイン・デーが嫌いだ。
 幼少の頃から●0代に至るまで、ダレもワタシにチョコレートをくれなかったバレンタイン・デーが嫌いだ。
 学校の机や下駄箱、はたまた家の郵便受の中まで、ある筈もないチョコレートをくまなく探しまくったバレンタイン・デーが嫌いだ。
 フランス時代。彼女へのプレゼントを買うという友人(←イケメンのフランス人)にイタリアまで付き合わされ、真顔で他人の彼女のネックレスを見立てていたバレンタイン・デーが嫌いだ。

 「チョコレートは大好きだがバレンタイン・デーなんか大嫌いだ〜〜〜!」

 。。。つい興奮してしまった。。。

※リリアルの2005年バレンタイン・デー(2月14日)お薦め情報

 ●ロン・ティボー国際音楽コンクール ガラ・コンサート@サントリー・ホール
  世界的演奏家:登竜門のひとつ、権威あるフランスのロン・ティボー国際音楽コンクール、記念コンサート。
  ソン・スーハン(コンクール第1位)、アルベルト・ノゼ(同第2位)の演奏もさることながら、韓流ブームと相まってイム・ドンヒョクには皆注目していることでしょう。。。
 
 ●高嶋ちさ子ヴァレンタイン・コンサート@東京文化会館小ホール
  クラシック音楽業界では数少ない“語れる美人アーティスト”<高嶋ちさ子>が、話題のイケメン・チェロリスト:古川展生を従えてのヴァレンタイン・コンサート。。。
 高嶋ちさ子:freedom~Chisako style music
ラ・フィーユ・リリアルの謹賀新年〜☆
 遅れ馳せながら。。。
「新年明けましておめでとうございます。」

 2005年正月(元旦〜3日)はラ・フィーユ・リリアル始まって以来のお正月休みをいただき、里帰りして参りました。
 お正月ですから、楽天による新球団の仙台進出に街が沸き返る事もなく、ひっそり閑としておりましたが、益々大都会化の道を突き進んでるな〜★。。。と、地元出身者&ローカル愛好家(?)の私としては素直に喜べない今日この頃。。。
 
 元旦は、超高級ディナー(←うそ)を家族と楽しみながら、1●年ぶりで『芸能人かくし芸大会』を拝覧しては、
 「マチャアキは相変わらず器用でスッゴ〜イ♪ね〜☆」
 「でも、シャンパンのコルク飛ばしならボクでも出来るし〜☆」
 「だいたいが、ろうそくの炎に当たってないじゃん〜★」
 「ところで、このシャンパン勿体なくない???」
 。。。などとボヤき、『トリビアの泉〜素晴らしきムダ知識〜スペシャル』においては、
 「わざわざ大枚叩いてフランス・ロケを敢行してまで、“コアラのマーチ〜♪”はないだろう〜★」
 。。。とブツブツ呟きながら、家族団らんを満喫させて頂きました。
 
塩釜神社
 ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑ 
 ※奥州総鎮守“塩釜神社”より松島湾を望む※
ミモザ
12月だと言うのに、
ジャルダン・リリアルのミモザが咲きました。

ラ・フィーユ・リリアルの周りを囲む植え込みでは
二種類のミモザ(ミモザ・アカシア&ムゲ・アカシア)
を見つけることが出来ますが、
今年の台風で無残にも折れてしまったものも数本(涙;)。。。

そんな嵐にも負けず、逞しく育った“狂い咲き〜☆”をご覧ください!
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
ミモザ

本来の開花時期は南仏でも2月頃。。。
コート・ダジュールでは
日本の桜の木のようにアチコチで見かけることができ、
お土産屋さんでその香水も手に入れることが出来ます。
 
ん〜♪ このボンボリのような可憐さ。。。
そして鼻腔をくすぐる妖艶な香り。。。

私の最も好きな花のひとつですね〜☆
断続的に雨のち台風〜★
 台風が気になり、色々検索していたら、“雨のち台風ときどき晴れ”なるサブ・タイトルのついた、あるお母さんの子育て奮闘気と思われる本を発見。←の本の内容は知る由もございませんが“雨のち台風ときどき晴れ”ならまだいいサ!最近の天気ときたら<“断続的”に雨のち台風>とさえ言えるほどのメチャクチャな空模様。。。

 今回の23号が上陸すれば10個目の上陸台風となるらしいが、23個中10個も日本列島にヒットした今年の台風は、打率4割3分4厘とイチローの上を行っている。。。などと感心してはいられない。 台風から直接、或いは間接的に受けた被害は計り知れないのだ。
 飲食業界も御多分に洩れず大打撃を受けている。とりわけ野菜類の市場価格高騰は尋常ではない。これでは“食欲の秋”などと悠長なことは言ってられない状態になってしまう★
 
 あ〜、こんな日本に比べ“輝く太陽”“青い空”そして“藍い海”の南仏コート・ダジュールは良いな〜☆。。。
ニース
 私は長いフランス生活の中で、傘を買った経験が一度もない!

 「やっぱり太陽が燦々と降り注ぐ南仏が世界一だ〜!!」。。。と叫んだついでに一応ニースの天気予報をチェックしてみた。。。
 週間予報は日曜日まで5日連続で雨交じりの愚図ついた天気であった。。。 

 「黙って仕事に打ち込みますデス。。。」(大汗;)
台風の爪痕
 今回の台風22号で被害に遭われたかたがたのことを思うと、傷心極まりない限りですが正直なところ、こちら目黒方面では「アレッ〜♪何時の間に台風は行ってしまったの〜???」。。。といったカンジで、気が抜けてしまうほどでした。。。

 が、しか〜っし!!。。。現実はそれほど甘くはなかった〜★★★

愛車:リリアル号
↑ ↑ ↑突風に煽られ無残にも横転し、傷を負った我が愛車:リリアル号(涙;;)

 リリアルの“店頭”に停めてあっただけにバイクも“転倒”。。。などと苦し紛れのオ●ジギャグ(アセ;;)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。