※オーナーシェフの直筆ブログ※ >>>女性マネージャー(tomo-chan)のブログへ
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
ヴァレンタイン日本の里(?)
 こんにちは☆
 バレンタイン・デーが嫌いな齋藤@シェフです(笑)。
 嫌いなモノほど結構気になるもので、今日もバレンタイン・ネタを。。。

 フランスではセント・ヴァレンタインをサン・ヴァランタン(Saint Valentin)と言うのだが、大胆にもその愛の守護聖人の名を冠した村がフランスにはある。
 その村の公式サイトたるや、愛に満ち満ちているのでココ↓に紹介させていただく。
 http://www.village-saint-valentin.com/

 私も↑のサイトを拝覧させて頂き、愛に満ち足りた気分(?)に包まれたものの、
 「日本のSAKUTO-CHOと姉妹関係にある」
 と、気になる一文を発見!
 早速Googleで検索した結果、そのSAKUTO-CHOは岡山県英田郡作東町であることが判明。
 詳しくは↓をご覧下さい。
 ヴァレンタイン日本の里・作東町

 。。。とは言え、どのような由縁で岡山県の片田舎的この町が「ヴァレンタイン日本の里」になったのかは未だ不明。。。
 国際的スケールの町興し???
 なかなか大胆ではありますが、今ひとつ知れ渡っていないような気がするのは私だけなのだろうか?。。。
 
  
気分はGPライダー〜☆
※我が愛するノートパソコンが液晶画面&キーボードの交換という大手術を経て退院して来たので書き込み再開です※
 
 。。。それは今日(1月18日)の午後、私が上大崎三丁目交差点の右折車線で信号待ちしている時のこと、前に止まる真っ赤なスーパーカブにまたがる郵便配達員の様子がどうもオカシイ。。。
     チョロバイ スーパーカブ(郵便屋さん仕様)     
 アクセルを空ぶかししたかと思えば、ガニマタを閉じたり開いたり、背中をいきり立たせ、バックミラーの微調整。。。と余念が無い。

 。。。これではまるで暴●族のお兄さん的、信号グランプリ発進直前の図ではないか?

 程なくして信号が青に変わる。。。
 「さ〜て、どうするポストマン?」
 という私の心のつぶやきを尻目に彼が取った行動は。。。。。

 「お〜っと♪血気に逸ったポストマン!交差点を大きく膨らみ、若干オーバーラン気味に“ハングオン”の体勢に入った〜☆」
 ※註釈:ハングオンの体勢
      ↓  ↓  ↓
     GPライダー岡田忠之のライテク上達講座

 。。。。。その後、彼は風のように走り去って行った。。。。。
振り替え営業日
 今日(1月10日)は月曜日(本来は定休日)ですが、祝日(成人の日)なので平常通り営業しました。
 この事についてはオフィシャルHP&ショップ・カード上でも明記させて頂いているのですが一応確認の為か、問い合わせの電話が100件ぐらいありました(←ちょっと。。。いや、か・な・り大袈裟にウソ)。
 その問い合わせの内容たるや極単純なもので、

 「ちょっとお伺いしますが。。。今日やってますか?。。。」

 というもの。

 この様な問い合わせを頂けるのは嬉しいかぎりなのですが、イタズラ心旺盛な私は勝手に色々なパターンを想定して楽しんでしまいます。

 ●パターン1
 「ちょっとお伺いしますが。。。今日やってますか?。。。」
 「やってませんが。。。」
 「じゃ〜、なんで店にいるのよ?。。。」

 ●パターン2
 「ちょっとお伺いしますが。。。今日やってますか?。。。」
 「どうしましょ〜?」
 「。。。。。」

 ●パターン3
 「ちょっとお伺いしますが。。。今日やってますか?。。。」
 「はい、やってましたが。。。:大汗;」
 「えっ!店閉めちゃったの?」

 。。。ヒンシュクを買いそうなので以下省略。。。


 
親子の情愛(純愛物語パート3)
 。。。また知り合いのブログで感動してしまった。。。

 「喉もと過ぎれば熱さ忘れる。。。」
 先月散々悩まされた台風の話も今は昔。。。

 「新潟の地震は大丈夫なのか?」
 「イラクの香田さんはどうした?」
 「どうせまたブッシュでしょう? プロ野球の新規参入も楽天だしね〜。。。」
 と、めまぐるしく変わり続ける現代社会情勢。。。果たして我々の思考回路は追いついて行けるのだろうか?

 。。。とは言え台風の爪痕も、いたるところに残り続けている。
 市場価格の高騰に次ぐ高騰は、飲食店経営者である私にとっても大打撃であり、愚痴のひとつもこぼれてしまうところであった。。。

 。。。が、そんな<些細な愚痴>は、くだんのブログの記事
「散文:#98水禍A」
 を読んでぶっ飛んでしまった!!

<母は一気にしゃべった。
 私は胸が引き絞られる気がした。
 「ああ、お母さん、大変だったなあ。ひどいことだったなあ。怖かったね、ごめんね、着くのが遅くて」 
 私は丸まった母の背中を一生懸命撫でた。
 母が、小さく小さく感じられた。>

 これが“小説”ではない“現実の話”なのだ。。。
 “現実の話”なので感想文など書けません!

 石川啄木の「一握の砂」の一節、

<たはむれに母を背負(せお)ひて
 そのあまり軽(かろ)きに泣きて
 三歩あゆまず>

 を思い起こすのが精一杯でございました。。。

一握の砂・悲しき玩具―石川啄木歌集
石川 啄木 金田一 京助

北原白秋詩集 みだれ髪 与謝野晶子歌集 石川啄木歌文集 武蔵野夫人

by G-Tools
 
オリビアを聴きながら。。。
 本日(いや、厳密に言うと昨日かな?)ワインの試飲会で飯田橋の某ホテルに行ってきました。 そのホテルのエントランス横に<Restaurant & Cafe Cattleya>の文字発見!
Cattleyaってカトレア???。。。と来ればアノ曲しかないでしょ?
 。。。とばかりに歌い始めるワタシ。。。

 「誕生日には〜♪ カトレアを忘れない〜♪
  やさしい〜人だったみたい〜 けれど〜 おしまい〜♪」
 。。。。。まで唄ったところで横にいるtomo-chanからStopをかけられてしまった。。。

 「疲れ〜果てた〜あなた〜 私の〜 ま・ぼ・ろ・しを〜愛したの〜♪」まで唄いたかったのに。。。とすねるワタシを尻目にサッサと会場に向かう彼女。。。

 「よほどワインが好きなんだな〜。。。」と頼もしく感じました☆

 「ところでアレを歌った杏里さんって、最近見かけないな〜。。。」などとワインと全く無関係なことばかり考える私って、やっぱり変?。。。
  
へぇ〜×20
 ココからブログピープルでリンクしている、料理上手な新妻(?)gonさんのブログを覗いてみたら、今日のメニューは空きっ腹の私にはこの上なく旨そうに見える「塩豚チャーハン」。。。ヨダレを垂らしながら眺めていたら、作り方はためしてガッテンを参照、とある。。。

 全てはココから始まった。。。

 (「ためしてガッテン」。。。たしかNHKの番組だな。何度か見たことあるような〜。。。)と迷わずクリック♪ 。。。ナルホド、チャーハンの作り方を理論的且つ簡潔に纏め上げている。 さすがはNHKさん。。。では、他のページは〜。。。と片っ端から開いてみて目に留まったのがこのページ→「ガッテン台」
 
 言われた通り、その「ガッテン台」をマウスでたたいてみる。。。音が聞こえない。。。ボリューム・アップして再びチャレンジ。。。これが「ガッテン♪」と聞こえるのか〜???と半ば呆れて立ち去ろうとした私を引き止めたのは、そう“悪魔のさ・さ・や・き”

 「そうだ!<ガッテン台>があるなら<へぇボタン(←コノ時点では呼び名がわからず頭の中のイメージのみ)>もあるに違いない☆
 。。。と、早速<トリビア>で検索開始〜♪

 やっぱりあった〜☆って言うか、バンダイから商品化されてるなんて全く知らなかった。 しかも去年の11月発売、とある。 迂闊だった。。。またもや出遅れてしまった。。。

 とは言え、戦利品(?)はしっかりダウンロードでゲット〜☆→へぇ〜ボタン by Vector
 これはオモシロイ!(のか?)

 参考サイト↓
へぇボタン商品購入レポート
トリビアの泉 リアルへぇボタン まとめページ
へぇボタンはもともとへぇボタンという名前ではなかった

 。。。また、いらん知識が身に付いてしまった。。。
 これも<トリビアの泉>のサブタイトルにある「素晴らしきムダ知識」ってヤツですかね? 
純愛物語。。。
 久し振りに知り合いのBlog(たぶん彼女は私が時々覗いていることを知らないだろう。。。)を見て、こころ動かされた。。。

 五体満足(かな?)な私が感動してしまうのも失礼に当たるかも知れないが、抜粋・引用させていただくことにする。

 彼女曰く、“ある雑誌”に掲載されたエッセイらしい。

<“白い杖”
 三ヶ月ほど前に、人間ドックで目に異常が発見された。精密検査の結果、視神経に問題があり、このままだと失明の可能性があります、と云われてショックを受ける。
  <-----途中省略----->
続きを読む
道しるべ〜☆
 「あの〜。。。」
 「今、目黒駅にいるんですが。。。」

 「はい♪ さようでございますか。。。」
 「そうしましたら、駅の東口を出ていただきまして。。。」
 「右手に見えてまいります目黒通りを白金台方面へと向かっていただきますと。。。」

 。。。てな訳で、真向いの
たばこ屋さん
 ↓ ↓ ↓
たばこ屋
 と、目黒通り沿いのコンビニ無くして、リリアルへの道案内は不可能なワケです。

 “駅から近い”のに容易に辿り着けない。。。

 これもリリアルのチャーム・ポイントのひとつですかね〜☆
イメージ・キャラクター
マルコメ君
 ↑  ↑  ↑ “新マルコメ君”1kg入り。。。な・な・なんと!199円なり〜♪(“大黒屋:目黒不動前店”にて)

 。。。とは言っても、さすがにお味噌をリリアルの料理には使いません。あ・く・ま・で・も従業員の賄い料理用の調味料ですので、お間違え無きよう。。。(アセ;)

 では、コレをもって何を私は世間に問いかけたいのか?
 ハイ、このラベルを見て思ったのです。。。イメージ・キャラクターの大切さを。。。それと、キャッチ・フレーズですかね?。。。

 さながら、リリアルのイメージ・キャラクターと言えば店内にも写真を掛けてある私のおふくろ様でしょうか?(。。。でもインパクトの強さはこの“マルコメ君”に遠く及ばないな〜:アセ;)

 そしてキャッチ・フレーズの●長期熟成 ●すばやくとける。。。
 何故に“長・期・熟・成”と、四文字熟語的に漢字を用いておきながら“すばやくとける”は誰でも読めそうな“素早く溶ける”を使わずに平仮名にしたのか???

 ん〜。。。ヒット商品は、奥が深い。。。(笑)
君の瞳は10000ボルト

 さて、いよいよリリアルのニューフェイスTomo-chanのポートレート初公開!!

 。。。って思ったけど画像ソフトで色々加工していたら、ついついハマってしまい、落ち着いた先が↓の写真(本人に見られたら怒られそう:アセ;)

tomo-chan02
   ↑ ↑ ↑ 題して「君の瞳は10000ボルト」。。。って若い人たちは知らないし聴いたこともない歌だろうな〜(笑)  かく言うワタシも今日まで「君の瞳は“百万”ボルト」だとばかり思っていたが、念のため検索してみたら桁違いであった(アセ;)

 まあ、決して画像編集ソフトで遊んでいた訳でなく、このイメージ画像(?)のように瞳を輝かせ、沢山のお客様を魅了する女性給仕長となって欲しい〜☆ という店主の切なる願いなのであった。。。(本人が知ったら泣いて喜ぶだろうな〜!:笑)

台風の目
 明日は台風が上陸するらしい。
 お陰様で明日ランチの貸し切りパーティーがキャンセルなり〜★うぅぅぅ。。。(大泣;;)

 台風を恨んでみてもしょうがないな〜。。。(溜息)

 しか〜っし!ちょっと日本に上陸し過ぎじゃ〜ございませんか?台風さん!
 もっと、めん玉かっぽじって(←正しい日本語???)行き先を見定めて欲しいもんですな〜。。。 ひょっとして台風の目って節穴?

目玉おやじ
 それに比べ↑の鬼太郎の名補佐役“目玉おやじ”は違う!

 ○画像センサ CMOS 30万画素
 ○インタフェース USB
 ○WIndows Messenger & Net Meeting 対応
 ○Windows 98/98SE/ME/2000/XP 対応
 
 しかも。。。

 ●自由な形に曲げることができ目玉おやじを固定することができます。
 ●使い方次第で、いろいろなポーズができます。
 ●PCカメラの画面角度の調節ができるので、からだを横に寝かしたり、斜めにしても大丈夫!

 これはオモシロイ☆
 http://www.gate.jp/products/gegege/medamaoyaji/medamaoyaji.php

 更にこんなページも発見!
 http://members.jcom.home.ne.jp/nulls/hen/medama/medama.htm

 “台風の目”から“目玉おやじ”を連想してしまったワタシも、やっぱり“お●じ”なのだろうか?(アセ;;)
あいさつ
フロマージュ
 きょうは↑のフロマージュ(チーズ)を仕入れに行って来た。
 
 その“フロマージュ師”の店主曰く。。。
 フランスでは「ボンジュ〜ル♪」と言いながら店に入って来るのは常識なのに“ぬぅ〜★”っと店に入って来ては、黙って物色し始める自称フロマージュ通が多いんだそうな。。。

 店主「こんにちは〜☆」
 通のお客「。。。。。」

 店主再び「(((こんにちは〜☆)))」
 通のお客「)))。。。。。(((」

 店主三度「(((((こんにちは〜☆)))))」
 通のお客「)))))。。。。。(((((」

 。。。その後の展開についてはノー・コメント(笑)。。。
ニューフェイス☆
 さて、今月からいよいよ待望のニューフェイスがリリアルに登場です。
 リリアル・イメージカラーの如く、紅一点☆。。。て感じかな〜♪ 彼女のプロフィールもオフィシャル・サイトにComing soon(?)。。。と言うことで、ご期待ください☆

 。。。とは言え、ホームページにだけ期待されても辛いところがありますので、ご来店意欲をソソるためにも今日のところは後姿だけでもUp!
Tomo
 ↑ ↑ ↑ 
 通称「Tomo-chan」2●歳:独身(以下省略。。。:笑)
ラ・フィーユ・リリアル
ゆり子

↑の写真は
ラ・フィーユ・リリアル店内の壁に掲げてある写真のひとつであるが、
けっこう人目を引くらしく、

「。。。あ〜、この写真、ワタシの母君なんですよ〜。」

と投げ掛けると

「やっぱりね〜☆」

という答えが返ってくる。

そんなに似ているのであろうか?
(二十歳の時の写真なのに。。。)
なんだかむず痒い気持ちになる。。。

(((((ラ・フィーユ・リリアル)))))

と言うと、
かなり大袈裟な名前に聞こえるが、
日本語で言えば、
“ユリのような女の子”、
即ち『ゆり子』なのである。

我が店に、
場末の“スナック”の如く
「ユリコ」と名付けられなかった私は、
ある意味意気地無しなのかもしれない。。。
 
 
ブログ・リリアル始動〜☆
さて、
その機能の手軽さからか、
最近雨後の筍のごとく増え続けているこのBLOG
(ブログ:ウェブ<web>とログ<log>との造語ウェブログ<weblog>の略)
ですが、
流行に敏感(?)なリリアルとしても、
この現状を黙って見過ごす訳にも行かず、
早速見よう見まねで開設してみました。

なにしろ、
このブログというものは、
単に公開日記として使えるだけに留まらず、
画像やリンクも簡単に貼れるため、
情報発信には打って付けです☆

。。。とは言ってみたものの、
タダでさえ管理・更新に手間隙の掛かる公式ホームページ&BBSに加え、
更にブログにまで手を出して大丈夫なのだろうか?

。。。という訳で、
正式スタートは新しいスタッフが加わる
来月(10月)からとさせて頂きますのでご期待ください☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。